二本柳壮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二本柳壮
So-Nihonyanagi20111002.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1981-03-02) 1981年3月2日(37歳)
身長 166.5cm
体重 50kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・鈴木康弘(1999.3.1 - 2007.12.31)
美浦・フリー(2008.1.1 - 2018.3.31)
初免許年 1999年
免許区分 平地[1]
騎手引退日 2018年3月31日
重賞勝利 1勝[2]
通算勝利 5604戦252勝(中央)[2]
60戦3勝(地方)
テンプレートを表示

二本柳 壮(にほんやなぎ そう、1981年3月2日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の美浦トレーニングセンター所属の元騎手で現在は調教助手。父は元JRA調教師の二本柳俊一[3]。父方の祖父が二本柳俊夫で、母方の祖父が野平祐二という競馬の家系に生まれる[4]

来歴[編集]

1999年3月、美浦の鈴木康弘厩舎所属としてデビューした。同期には北村宏司高田潤武英智らがいる。

同年4月11日アートフューチャーに騎乗しデビュー初勝利を挙げ、翌月には特別戦初勝利をマークするなど、この年同期では北村の37勝に次ぐ23勝を挙げる。

2年目となる2000年には勝利数を33勝と伸ばしGI競走初騎乗も記録、2000年から2003年にかけ4年連続30勝と関東の中堅騎手として活躍を続けた。

その後、重賞初勝利を含む40勝やフェアプレー賞受賞など多くの記録を挙げた2003年度をピークに勝利数や騎乗数はじょじょに減少。

2008年よりデビュー以来所属してきた鈴木康弘厩舎を離れフリー騎手に転身、以後同厩舎管理馬への騎乗はなくなり、近年では父である二本柳俊一厩舎中心の騎乗となっているが数値の減少に歯止めはかからずフリー転向後の2008年以降は勝利数ひと桁が続いていた。そして2018年3月31日をもって騎手を引退した。引退後は、萩原清厩舎で調教助手となる[5]

主な騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1999年3月6日 2回中山3日1R 4歳未勝利 シャインセンター 15頭 10 13着
初勝利 1999年4月11日 3回中山6日2R 4歳未勝利 アートフューチャー 15頭 10 1着
重賞初騎乗 1999年3月21日 2回中山8日11R スプリングステークス フライングキッド 16頭 15 5着
重賞初勝利 2003年4月27日 1回福島8日11R カブトヤマ記念 ストロングブラッド 13頭 9 1着
GI初騎乗 2000年11月12日 5回京都4日11R エリザベス女王杯 エイダイクイン 17頭 10 3着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 備考 出典
1999年 23 10 30 326 .071 .101 .193 [6]
2000年 33 21 31 424 .078 .127 .200 [6]
2001年 38 28 46 552 .069 .120 .203 [6]
2002年 33 29 30 502 .066 .124 .183 [6]
2003年 40 37 37 523 .076 .147 .218 第57回カブトヤマ記念(G3)勝利 [6]
2004年 21 28 20 477 .044 .103 .145 [6]
2005年 16 25 22 445 .036 .092 .142 [6]
2006年 9 13 16 331 .027 .066 .115 [6]
2007年 10 22 24 368 .027 .087 .152 [6]
2008年 4 8 11 255 .016 .047 .090 [6]
2009年 3 4 6 169 .018 .041 .077 [6]
2010年 2 2 3 152 .013 .026 .046 [6]
2011年 0 4 8 139 .000 .029 .086 [6]
2012年 2 2 8 151 .012 .026 .079 [6]
2013年 4 5 5 147 .027 .061 .095 [6]
2014年 2 6 7 168 .012 .048 .089 [6]
2015年 4 4 6 143 .028 .056 .098 [6]
2016年 2 1 2 67 .030 .045 .075 成績は2016年5月末まで [6]
中央 246 249 312 5339 .046 .093 .151 成績は2016年5月末まで [6]
地方 3 3 3 59 .051 .102 .153 成績は2016年5月末まで [7] 

出典[編集]

  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ a b “本日引退の二本柳壮騎手が中山1Rを優勝、JRA通算252勝に”. netkeiba.com. (2018年3月31日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=135281 2018年4月4日閲覧。 
  3. ^ ニュースぷらざ1999年2/22号”. ケイバブック. 2015年10月21日閲覧。
  4. ^ “見事な男ぶり…後輩も”兄貴”と慕う二本柳壮騎手”. デイリースポーツ. (2017年2月24日). https://www.daily.co.jp/horse/tamagawa/2017/02/24/0009943652.shtml 2018年4月4日閲覧。 
  5. ^ 二本柳 壮騎手が引退日本中央競馬会、2018年3月29日閲覧
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s netneiba.com騎手年度別成績/二本柳壮
  7. ^ 地方競馬情報サイト/二本柳壮

関連項目[編集]