二本榎の碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石碑

二本榎の碑(にほんえのきのひ)とは東京都港区高輪二丁目(「二本榎通り」)に存在する石碑である。

概要[編集]

承教寺の山門前に所在する。碑は自然石をそのまま応用したものである。寺への通路を挟んで向かい側に英一蝶の碑が建てられている。

碑の傍に碑の由来沿革を説明する立て看板が立てられている。書かれている内容は

  • 「二本榎」の地名の謂れ。
  • 1967年昭和42年)に「二本榎通り」を挟んで向かい側にある「黄梅院」の境内に夫婦の榎を植え、石碑を建てた旨の説明。
  • 1990年平成2年)に碑を現在の場所に移したが、は現在も「黄梅院」に残っている。
  • この碑が町内住民にとって大切な象徴であること。

である。

参考文献[編集]

  • 現地説明板 高輪二本榎町会/設置

関連項目[編集]