二条綱平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

二条 綱平(にじょう つなひら、寛文12年4月13日1672年5月10日) - 享保17年2月6日1732年3月2日))は江戸時代関白。父は九条兼晴。母は家女房。養父は二条光平。号は敬信院。子に吉忠がいる。室は栄子内親王霊元天皇第三皇女、母は中宮鷹司房子)。「綱」の字は将軍徳川家綱からの偏諱、「平」は養父・光平の1字である。

参考文献[編集]

  • 芳賀登ほか監修『日本女性人名辞典』日本図書センター 1993年