二瀬川政一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二瀬川 政一(ふたせがわ まさいち、1916年4月15日-1959年8月22日)は、大相撲の元力士である。朝日山部屋所属、最高位は東関脇奈良県北葛城郡新庄町(現葛城市)出身である。本名は安川→井口政一。身長171cm、体重128kg。得意手は突っ張り、押し、右四つ、寄り[1]

来歴[編集]

1931年5月場所初土俵、その後ゆっくりではあったが着実に昇進し、1940年5月場所新入幕を果たした。二の腕から先の柔軟性を生かした突き押し、右四つからの腰の重い寄りを得意とした。ところがこの場所、横綱双葉山をはじめ上位陣に休場者が多く、相手方の横綱男女ノ川の対戦相手を番付の上から数えていくと、二瀬川にあたってしまったので、13日目、前日まで5勝7敗であったのに対戦が組まれ、敗れて負け越してしまった。しかし、5勝10敗の成績では十両に落ちる危険があったのだが、横綱との対戦があったため、翌1941年1月場所には、張出前頭という形で幕内にとどまることができた。これが幸いしたか、そのあと6場所連続して勝ち越し大関時代の前田山に連勝したりもし、一気に関脇まで駆け上がった。1941年5月場所は大関・五ツ嶋安藝ノ海を破っている。突き押し相撲のわりには安定した取り口であったので、大関の声もかかったが、新関脇の1944年1月場所から二枚鑑札で朝日山部屋を継いだことの苦労や、その場所の負傷、途中休場のために大関の夢も砕け、その後は勝ち越しも1場所しかなく、1947年6月場所限りで現役を引退、部屋経営に専念した[1]。弟弟子の高津山が関脇に昇進、二瀬山も幕内上位で活躍し、部屋の将来も開けるかというところで急逝、その後の朝日山部屋は中堅部屋で終始することになってしまった。

主な成績[編集]

  • 幕内成績:164勝155敗6休 勝率.514
  • 幕内成績:82勝92敗6休 勝率.471
  • 現役在位:32場所
  • 幕内在位:14場所(関脇1場所、小結2場所)
  • 各段優勝:十両優勝1回 (1940年1月場所)
二瀬川政一
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1931年
(昭和6年)
x x (前相撲) (前相撲)
1932年
(昭和7年)
(前相撲) (前相撲) (前相撲) 序ノ口
4–2 
1933年
(昭和8年)
序ノ口
3–3 
x 西 序二段 #32
3–3 
x
1934年
(昭和9年)
西 序二段 #26
3–3 
x 西 序二段 #10
4–2 
x
1935年
(昭和10年)
西 三段目 #20
4–2 
x 東 三段目 #5
3–3 
x
1936年
(昭和11年)
東 幕下 #22
6–5 
x 西 幕下 #14
5–6 
x
1937年
(昭和12年)
東 幕下 #18
7–4 
x 東 幕下 #4
9–4 
x
1938年
(昭和13年)
西 十両 #9
3–10 
x 西 幕下 #13
4–3 
x
1939年
(昭和14年)
西 幕下 #8
5–2 
x 東 十両 #12
8–7 
x
1940年
(昭和15年)
西 十両 #2
優勝
11–4
x 東 前頭 #15
5–10 
x
1941年
(昭和16年)
西 張出前頭
9–6 
x 西 前頭 #7
12–3 
x
1942年
(昭和17年)
東 前頭 #2
10–5 
x 東 前頭 #1
8–7 
x
1943年
(昭和18年)
西 小結
8–7 
x 西 小結
9–6 
x
1944年
(昭和19年)
東 関脇
4–6–5[2] 
x 西 前頭 #4
1–9 
東 前頭 #11
6–4 
1945年
(昭和20年)
x x 西 前頭 #2
3–4 
西 前頭 #7
3–7 
1946年
(昭和21年)
x x x 西 前頭 #12
2–11 
1947年
(昭和22年)
x x 東 前頭 #19
引退
2–7–1
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p30
  2. ^ 右膝関節捻挫により10日目から途中休場