二科会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
公益社団法人二科会
設立 1979年昭和54年)
種類 公益社団法人
法人番号 2011105005336 ウィキデータを編集
本部 東京都新宿区新宿4-3-15
会長 田中良(理事長)
テンプレートを表示

公益社団法人 二科会(にかかい、NIKA ASSOCIATION)は、日本美術家団体のひとつである。絵画部・彫刻部・デザイン部・写真部からなる「二科展」を毎年開催しているが、デザイン部・写真部は組織上では「公益社団法人二科会」に含まれておらず、個別に一般社団法人となっている。元文部科学省所管。

沿革[編集]

  • 1914年(大正3年)文部省美術展覧会(文展、現日展)から分離して、在野の美術団体として「二科会」が結成される。10月1日から10月31日まで、上野竹の台陳列館で第1回二科美術展覧会を開催。有島生馬「鬼」、湯浅一郎「官妓」、斎藤豊作「落葉する野辺」。
  • 1915年10月13日から26日まで、三越で、第2回展。田辺至・柳敬助は退会、安井曾太郎・森田恒友・正宗得三郎が会員になる。山下「供物」「端午」、坂本「牛」。安井の滞欧作「孔雀と女」「足を洗ふ女」など50点余を特陳。
  • 1916年10月12日まで、三越で、第3回展。石井「金沢の犀川」、安井「ダリア」。正宗の滞欧作「リモージュの朝」など36点を陳列。
  • 1917年9月9日から9月中、竹の台で、第4回展。立体派ふうの万鉄五郎「もたれて立つ人」、未来派ふうの東郷青児「狂ほしき自我の跳躍」、神原泰の作品などが注目される。
  • 1918年9月9日から9月中、上野竹の台で、第5回展。劉生「川幡氏の像」、関根正二「信仰の悲み」「姉弟」など。
  • 1919年9月1日から9月30日まで、竹之台で、第6回展。小出「Nの家族」、関根「慰められつつ悩む」など。藤川勇造が会員に推され彫刻部を新設する。
  • 1920年9月1日から9月中、竹之台で、第7回展。柏亭「農園の一隅」、小出楢重「少女お梅の像」など。
  • 1921年9月9日から9月29日まで、竹之台で、第8回展。安井「人物」、中川一政「静物」、中川紀元「猫と女」など。
  • 1922年9月9日から9月29日まで、竹之台で、第9回展。安井曾太郎「椅子による女」、児島善三郎「浅き春」など。
  • 第10回展は、招待日に震災のために中止、京都・大阪でひらく。山下新太郎「金閣寺林泉」、小出楢重「帽子のある静物」、黒田重太郎「一修道僧の像」、藤川勇造「マドモアゼルS」など、ピカソ・ブラック・マチスらフランス現代画家の作品40余点を特陳。
  • 1924年9月2日から9月29日まで、第11回展。小出「帽子を冠れる肖像」、横山潤之助「ギターもつ男」、藤川「ブロンド」など。
  • 1925年9月2日から9月29日まで、第12回展。安井「柿実る頃」、曾宮一念「冬日」など。特別出品、坂本繁二郎「帽子を持てる女」「老婆」など。
  • 1926年(大正15年)9月4日から10月4日まで第13回展を東京府美術館で開催。有島生馬「岬と海水場」、津田青楓「籐椅子の裸婦」、佐伯祐三「壁」など。
  • 1927年9月3日から10月4日まで、府美で、第14回展。長谷川利行「麦酒室」など。

以後、2006年まで同館で開催。

  • 1928年9月3日から10月4日まで、府美で、第15回展。安井「花と少女」、佐伯「新聞屋」など。また中山巍・東郷青児の滞欧作を特陳。
  • 1929年9月3日から10月4日まで、第16回展。古賀春江「素朴な月夜」、小山敬三「アルカンタラの橋」など。福沢一郎のシュールリアリズム的な作品を特陳。
  • 1930年9月4日から10月4日まで、第17回展。安井「婦人像」、有島「熊谷守一肖像」など。林重義・向井潤吉・伊藤廉の滞欧作を特陳。メカニズム・シュールリアリズムの作品も展示。
  • 1931年9月3日から10月4日まで、第18回展。有島「震災記念」、青楓「新議会」、安井「ポーズせるモデル」「外房風景」、山下新太郎「少女立像」、鍋井「奈良の月」、小出楢重・湯浅一郎の遺作など。
  • 1932年9月3日から10月4日まで、第19回展。坂本「放牧三馬」、安井「薔薇」、国吉康雄「サーカスの女」など。山下新太郎・木下義謙らの滞欧作を特陳。
  • 1933年9月3日から10月4日まで、第20回展。安井「奥入瀬の渓流」など。
  • 1934年9月3日から10月4日まで、第21回展。安井「金蓉」「玉虫先生の像」など。藤田嗣治の滞欧作27点を特陳。
  • 1935年9月3日から10月4日まで、第22回展。藤田嗣治「Y夫人の肖像」「北平の力士」「五人女」、宮本三郎「婦女三容」など。
  • 1937年9月3日から10月4日まで、第24回展。坂本「水より上る馬」、藤田「千人針」など。
  • 1938年9月3日から10月4日まで、第25回展。坂本繁二郎「松間馬」、向井潤吉「突撃」、北川民次「戦後図(メキシコ)」など。
  • 1944年(昭和19年)11月、第30回展開催後解散。1944年10月6日解散。
  • 1946年(昭和21年)再建、第31回展開催
  • 1951年(昭和26年)「商業美術」部門(現デザイン部門)の新設。
  • 1953年(昭和28年)当時の会長、東郷青児の発案により写真部を創設。林忠彦・早田雄二・秋山庄太郎大竹省二の4名が創立会員となる。
  • 1979年(昭和54年)絵画部・彫刻部を法人化し、社団法人二科会となる
  • 2006年(平成18年)常務理事織田廣喜、理事長就任
  • 2007年(平成19年)国立新美術館で二科展開催。以後、同館で毎年開催。
  • 2012年(平成24年)公益法人制度改革により公益社団法人

結成の経緯、名前の由来、気風[編集]

文展は官展(=政府主催の展覧会)であり、大正初めには、画家の登竜門のひとつとして重要な存在になっていた。その日本画の部門は、新旧の二科に分かれており、新しい傾向の画家たちも比較的活動しやすかったのに比べて、洋画部門はそのようになっていなかった。そして、審査側が硬直的・停滞的な体質に陥っていた。

山下新太郎津田青楓有島生馬ら、新帰朝者(国費留学の経験者。当時の呼称)を中心にしたグループは、1913年の文展の審査に不満を持ち、洋画についても二科制とするよう政府側に建白書を提出したが、受け入れられそうにないため、新しい美術の発展を図るために文展を脱退し、“旧科”文展に対する“新科”の「二科会」を結成した。会員たるには文展に出展しないことが参加条件であった。創立メンバーには、山下・津田・有島の他に石井柏亭、田辺至、梅原龍三郎、柳敬助、小杉未醒、斎藤豊作、坂本繁二郎湯浅一郎らがいた。

後に独立美術協会一水会行動美術協会二紀会一陽会が独立した。その後も、創立時の気風は受け継がれ、新しい傾向の作家に活躍の場を提供、多くの芸術家を輩出している。

入選者統計[編集]

第103回(2018年)二科展入選者統計[1]
絵画部 彫刻部 デザイン部 写真部
搬入点数 2,479点 52点 868点 14,499点
入選者数 694名 45名 280名 851名
内初入選 88名 8名 111名 197名

入選・入賞した著名人[編集]

絵画部[編集]

デザイン部[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 二科展入選者統計
  2. ^ 工藤静香、“常連”二科展で初の特選”. ORICON (2010年9月2日). 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ 工藤静香 19回の二科展入選も「まだ実力不足ですね」”. スポニチ (2015年9月3日). 2015年9月4日閲覧。
  4. ^ a b “工藤静香、『二科展』で会友推挙に決定「長い道のりでした」”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077687/full/ 2016年9月1日閲覧。 
  5. ^ 工藤静香が二科展特選 油絵「瞳の奥」”. スポニチ (2010年9月2日). 2015年9月4日閲覧。
  6. ^ 「たまプラーザ テラス」で、俳優・石坂浩二さんによる展覧会を開催!”. PR TIMES (2013年2月22日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月4日閲覧。
  7. ^ 増位山太司郎[東京] - 二科展
  8. ^ 小石川伝通院の風景画(出典:戎光祥出版『死の快走船』p.542 鮎川哲也「人間・大阪圭吉)
  9. ^ 作者略歴 - Amazon.co.jp
  10. ^ 五月みどりオフィシャルサイト|画歴”. 2015年9月4日閲覧。
  11. ^ バロン吉元 OFFICIAL WEB SITE
  12. ^ 押切もえ「入ったか!」二科展に絵画初出品で初入選”. 日刊スポーツ (2015年9月2日). 2015年9月4日閲覧。
  13. ^ 乃木坂46若月佑美が「二科展」入選
  14. ^ エド・はるみ、初出品で二科展に入選した絵を公開「爪跡を残していきたい」
  15. ^ 『偽装不倫』で好演中の田中道子、「二科展」初出展初入選の快挙!
  16. ^ 2018年11月30日までは乃木坂46に所属。
  17. ^ “乃木坂46・若月佑美、食物連鎖テーマに「二科展」初入選”. 株式会社ナターシャ. (2012年9月6日). http://natalie.mu/music/news/76006 
  18. ^ 乃木坂若月、二科展に3年連続で入選 日刊スポーツ2014年9月3日
  19. ^ 乃木坂・若月佑美、『二科展』4年連続入選”. oricon ME (2015年9月2日). 2015年9月4日閲覧。
  20. ^ “乃木坂46若月佑美、5年連続「二科展」で入選”. ナタリー. (2016年8月31日). http://natalie.mu/music/news/200091 2016年8月31日閲覧。 
  21. ^ a b “乃木坂46若月佑美&欅坂46佐藤詩織「二科展」で快挙<本人コメント>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1712460 2017年9月6日閲覧。 
  22. ^ a b “乃木坂46若月佑美&欅坂46佐藤詩織が今年も『二科展』W入選”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2118898/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  23. ^ 元乃木坂46の若月佑美が8年連続「二科展」に入選「継続させる大切さを身に染みて感じた」

関連項目[編集]