二葉憲香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

二葉 憲香(ふたば けんこう、1916年3月8日 - 1995年11月15日)は、日本の仏教学者。京都女子学園長。龍谷大学名誉教授・元学長。

広島県高田郡八千代町土師出身。生家は浄土真宗明願寺。1943年龍谷大学研究科卒。1946年満洲から引揚げ、龍谷大学教員。1974年「古代仏教思想史研究」で龍谷大学文学博士。龍谷大学教授。69年学長代行。学園紛争を切り抜け、学長となる。同名誉教授、京都女子学園長。生家の住職は従妹でもある妻テルエが務めた[1]

著書[編集]

  • 親鸞の人間像』(眞宗典籍刊行會、1954年
  • 『親鸞の社会的実践』百華苑 1956
  • 『無宗教時代と仏教』百華苑 1961
  • 『古代仏教思想史研究 日本古代における律令仏教及び反律令仏教の研究』永田文昌堂 1962
  • 『親鸞の研究 親鸞における信と歴史』百華苑 1962
  • 『親鸞のひらいた地平』永田文昌堂 1975
  • 『日本古代仏教史の研究』永田文昌堂 1984
  • 『日本仏教の課題 もう一つの文化の構築に向けて』毎日新聞社 1986
  • 『天皇制と真宗』三隅組教学研究会編 永田文昌堂 1991
  • 『親鸞 仏教無我伝承の実現』永田文昌堂 1996
  • 『二葉憲香著作集』第4、5、9、10巻 永田文昌堂 2000-04

共編著[編集]

  • 『史料日本仏教史』編 永田文昌堂 1971
  • 島地黙雷全集』全5巻 福嶋寛隆共編 本願寺出版部 1973-78
  • 『日本仏教史研究 国家と仏教』編 永田文昌堂 1979-81
  • 『念仏が開く歴史と社会』児玉暁洋共著 東本願寺出版部 同朋選書 1982
  • 赤松連城資料』監修 「赤松連城」研究会編 本願寺出版部 1982-84
  • 『親鸞のすべて』編 新人物往来社 1984
  • 『民衆と仏教 古代・中世編』編 永田文昌堂 日本仏教史研究 1984
  • 『親鸞をめぐるもうひとつの文化論』ロバート・N・ベラー, アルフレッド・ブルーム共著 永田文昌堂 1997
  • 『歴史のなかの親鸞』松尾博仁,福嶋寛隆共著 永田文昌堂 1998
  • 『我がいのち我がいのちにあらず』小川仲造・尾畑文正・滝本誠海共著 自照社出版 2000
  • 『浄土真宗の祖親鸞』編 新人物文庫 2011

記念論集[編集]

  • 『仏教史学論集』二葉博士還暦記念会編 永田文昌堂 1977
  • 『日本仏教史論叢 二葉憲香博士古稀記念』永田文昌堂 1986

論文[編集]

関連図書[編集]

  • 二葉博士還暦記念会編『仏教史学論集』(永田文昌堂、1977年
  • 二葉憲香博士古稀記念論集刊行会編『日本仏教史論叢:二葉憲香博士古稀記念』(永田文昌堂、1986年)
  • 学園記念事業推進プロジェクト編『自然法爾:京都女子学園の教育理念』(京都女子学園、2000年

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987