二進指数え法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

二進指数え法(にしんゆびかぞえほう)は、二進法を使って数える方法である。

概要[編集]

桁上がりの原理を使用した指数え方法の一つ。主に右手を使用する。親指を一の位、以下小指に向かい十六の位として、指を折った状態を0、伸ばした状態を1として数える。(例:親指、薬指を伸ばす → 01001 → 9)左手は、三十二から五百十二の位までを数える。

これを利用することにより、片手で 5 までしかカウントできないのが、11111(2)=31(10)へと広がる。同じく桁上がりの原理を使用する六進指数え法では両手で55(6)=100011(2)=35(10)までだが、二進指数え法では両手で1111111111(2)=4423(6)=1023(10)までカウントできる。

[編集]

右手[編集]

左手[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Pohl, Frederik (2003). Chasing Science (reprint, illustrated ed.). Macmillan. pp. 304. ISBN 9780765308290. http://books.google.com/books?id=XsLXJMagfmUC&pg=PA187&dq=fingers+binary+1023#PPA187,M1. 
  • Pohl, Frederik (1976). The Best of Frederik Pohl. Sidgwick & Jackson. pp. 363. http://books.google.com/books?id=fDxbAAAAMAAJ&q=fingers+binary+1023&dq=fingers+binary+1023&pgis=1. 
  • Fahnestock, James D. (1959). Computers and how They Work. Ziff-Davis Pub. Co.. pp. 228. http://books.google.com/books?id=j_0mAAAAMAAJ&q=fingers+binary+1023&dq=fingers+binary+1023&pgis=1.