于シ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「于芷山」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
于芷山
Yu Zhishan.JPG
『満洲建国十年史』(1942年)
プロフィール
出生: 1882年光緒8年)[1]
死去: 1951年5月
中華人民共和国の旗 中国遼寧省撫順市
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区台安
職業: 軍人
各種表記
繁体字 于芷山
簡体字 于芷山
拼音 Yú Zhǐshān
和名表記: う しざん
発音転記: ユー ジーシャン
ラテン字 Yü Chih-shan
テンプレートを表示

于 芷山(う しざん)は、中華民国満州国の軍人。当初は北京政府奉天派の軍人で、後に満州国で要職を務めた。名は世文だが、の芷山で知られる。瀾波

事績[編集]

若年時代は緑林の一味として活動していた。1903年光緒29年)に清朝に投降して、以後清朝の軍人として経歴を重ねる。1914年民国3年)4月、東三省講武堂に入学した。1920年(民国9年)2月、歩兵上校団長に任ぜられている[2]

1922年民国11年)、東三省陸軍第5混成旅旅長となった。1924年(民国13年)、東北独立騎兵第8旅旅長となり、張作霖の衛隊司令をつとめた。1925年(民国14年)、郭松齢討伐の軍功により師長に昇進している。1927年(民国16年)6月、張の侍従武官長となり、陸軍中将位を授与された[3]。10月、于芷山は第5方面軍第30軍軍長として山西省北部の閻錫山を攻撃し、勝利した[2][4]

しかし、翌1928年(民国17年)になると中国国民党北伐軍が優勢となる。同年6月、張作霖は逃走中に関東軍に爆殺された(張作霖爆殺事件)。そのため于芷山は、奉天派の旧拠点に退却した。その後、于は張学良の下で東北東辺鎮守使、東北辺防軍司令長官公署軍事参議官となり、奉天省東北道の20県余りを統括している[2][4]

満州事変後の1931年(民国20年)10月15日、于芷山は「東辺(道)保安司令」を自称、中華民国からの独立を宣言した[5]。満州国成立後の翌1932年大同元年)3月14日、奉天省警備司令官に任命された[6]1934年康徳元年)7月、満州帝国第1軍管区司令官に任ぜられ、翌1935年(康徳2年)には陸軍上将に昇進した[4]。同年5月21日、軍政部大臣に任ぜられ[7]1937年(康徳4年)7月1日、軍政部改組に伴い治安部大臣となった[8]1939年(康徳6年)4月24日、治安部大臣を退任して参議府参議に転じる[9]1942年(康徳9年)9月28日に参議を辞任し[10]、翌29日に張海鵬于琛澂と共に軍事諮議官に任命された[11]

満州国崩壊後、于芷山は北平に隠れ住んでいた。しかし、1949年10月の中華人民共和国成立後に逮捕されてしまう。1951年5月、撫順戦犯管理所内で病没[4][12]。享年70。

[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、28頁による。王ほか主編(1996)、23頁は「1879年」としている。
  2. ^ a b c 王ほか主編(1996)、23頁。
  3. ^ 陸軍中将位については任命日が6月6日と記録されている。『政府公報』第3996号、1927年(民国16年)6月7日。
  4. ^ a b c d 徐主編(2007)、28頁。
  5. ^ 「残存実力派の雄 于氏独立を宣言」『東京朝日新聞』昭和6年(1931年)10月17日。
  6. ^ 「東省特別区長官に張景恵氏」『東京朝日新聞』昭和7年(1932年)3月15日。
  7. ^ 「鄭総理辞表を捧呈 張景恵氏に大命降下」『東京朝日新聞』昭和15年(1935年)5月22日夕刊。
  8. ^ 「満州の人事異動 行革に伴い七月発令」『東京朝日新聞』昭和12年(1937年)6月12日、1面。
  9. ^ 「満州治安部大臣更迭」『読売新聞』昭和14年(1939年)4月25日。
  10. ^ 「共栄圏の重責完遂へ 満州国大臣全面更迭」『朝日新聞』昭和17年(1942年)9月29日夕刊、1面
  11. ^ 「駐日満洲国大使 王允卿氏任命さる」『朝日新聞』昭和17年(1942年)9月30日夕刊、1面。
  12. ^ 王ほか主編(1996)、24頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 Flag of Manchukuo.svg 満州国
先代:
張景恵
軍政部大臣
1935年7月 - 1937年7月
次代:
(治安部大臣に改組)
先代:
(軍政部大臣から改組)
治安部大臣
1937年7月 - 1939年4月
次代:
于琛澂