于洋 (バドミントン選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
于洋
Yu Yang
基本情報
生年月日 (1986-04-07) 1986年4月7日(33歳)
性別 女性
国籍 中華人民共和国の旗 中国
出身地 遼寧省海城市
身長 168cm
選手情報
利き腕
種目 女子ダブルス(WD)
混合ダブルス(XD)
主な戦績
世界ランク(最高) WD:1位
XD:4位
 
獲得メダル
バドミントン
オリンピック
2008 北京 女子ダブルス
2008 北京 混合ダブルス
世界選手権
2006 マドリード 女子ダブルス
2009 ハイデラバード 女子ダブルス
2010 パリ 女子ダブルス
2010 パリ 混合ダブルス
2011 ロンドン 女子ダブルス
2013 広州 女子ダブルス
2014 コペンハーゲン 女子ダブルス
ユーバー杯
2010
クアラルンプール
女子団体
2012 武漢 女子団体
スディルマンカップ
2009 広州 混合団体
2011 青島 混合団体
2013
クアラルンプール
混合団体
2015 東莞 混合団体

于 洋(う・よう、Yu Yang、1986年4月7日 - )は、中華人民共和国の女子バドミントン選手。遼寧省海城市生まれ。中国科学技術大学卒業。

選手経歴[編集]

ダブルスのスペシャリスト。杜とのペアで、世界的なダブルスとして2004年から着実に出てきた。2008年北京オリンピックで、韓国の李敬元・李孝貞を破って金メダルを獲得したことにより、その地位は確立した。その他のタイトルとして、ポーランドオープン(2004年)、中国マスターズ(2005年)、2006年のアジア選手権スイス・オープン、2007年のロシアオープンと香港オープンインドネシア・オープン、2008年のフランス・オープン韓国オープンシンガポール・オープンがある。2006年の世界選手権の銅メダリストだったが、2007年の同選手権には出場できなかった。2008年の全英オープンでは準優勝だったが、オリンピック決勝ではその全英覇者を破って雪辱を果たした。

何漢斌との混合ダブルスでも成功に恵まれている。2007年のアジア選手権とタイ・オープンとデンマーク・オープン、2008年のインド・オープンとスイス・オープンとマレーシア・オープンとフランス・オープンでタイトルを獲得した。北京オリンピックでは3位に終わったが、この競技で2つのメダルを獲得した2人のうちの一人になった。

だが、2012年のロンドンオリンピック、王暁理とのダブルスで韓国の鄭景銀・金ハナペアと河貞恩・金旼貞ペア、インドネシアのメイリアナ・ジョハリ・グレイシア・ポリイペアと共に「試合に勝つためにベストを尽くさなかった」そして「明らかに不正またはスポーツに好ましくないやり方」で八百長だと告発され失格となった。鄭景銀・金ハナと対戦し、どちらのペアも簡単な組み合わせを確保するために負けようとしたと思われたが、于洋は「決勝トーナメントのために体力を温存しただけですから」と主張した。少し後に、于洋はバドミントンを引退すると伝えられた[1]。しかし、引退は撤回され現役を続けることになった[2]

2016年のリオデジャネイロオリンピックで女子ダブルスに出場、準決勝でデンマークのクリスティーナ・ペデルセン/カミラ・リターユール組にファイナルで敗れると、3位決定戦で韓国の鄭景銀/申昇瓚組に敗れ、4位に終わった。

脚注[編集]

[ヘルプ]