于洛侯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

于 洛侯(う らくこう、? - 477年頃)は、北魏官僚軍人。尉洛侯(うつらくこう)とも書かれる。酷吏として知られた。本貫代郡

経歴[編集]

前半生は知られておらず、北魏の東兗州刺史として正史に登場した。471年延興元年)10月、南朝宋の将軍の垣崇祖が2万の兵を率いて鬱洲から東兗州に侵攻し、南城固に駐屯した。11月、洛侯はこれを撃破して、垣崇祖を鬱洲に追い返した。後に秦州刺史に転じたが、残忍な刑罰を濫用して、州民の恨みを買った。477年太和元年)、秦州略陽県の民の王元寿らが反乱を起こすと、洛侯は王元寿を撃破して、その妻子を捕らえ、都の平城に送った。洛侯は不法汚職の罪を問われて御史の弾劾を受けた。孝文帝は秦州に使者を送って兵士や民衆に布告し、洛侯を斬って民衆に謝罪した。

伝記資料[編集]