于静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
于静
于静
2016年世界距離別選手権(コロムナ)
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗中国
誕生日 (1985-05-29) 1985年5月29日(33歳)
出身地 中華人民共和国の旗ハルビン
身長 163cm
体重 55kg
 
獲得メダル
女子スピードスケート
世界距離別選手権
2012 ヘーレンフェーン 500m
2012 ヘーレンフェーン 1000m
2017 江陵 500m
世界スプリント選手権
2012 カルガリー 総合
2014 長野 総合
2013 ソルトレイクシティ 総合
2009 モスクワ 総合

于 静(う せい、ローマ字:Yu Jing、1985年5月29日 - )は、中国の女子スピードスケート選手。ハルビン出身。

経歴[編集]

9歳のときに友人がしているのを見てスケートを始めた。ハルビン師範大学で学ぶ。ジュニア年代での大きな実績はなく、2008年に国際舞台へ登場する。デビューシーズンのワールドカップ長野大会500mで優勝し、100mと500mで同シーズン総合5位、世界スプリント選手権総合3位に入る。だが翌シーズンは苦しみ、ワールドカップでは一度も表彰台に立てず、バンクーバーオリンピックでは1000mで32位に終わった。その翌シーズンはワールドカップの出場を控えて臨んだ2011年アジア冬季競技大会でバンクーバーのメダリストである李相花王北星を抑え優勝。本人はこれを最も印象深い出来事に挙げている[1]

2011/12シーズンにワールドカップの500mで計7勝を挙げこのシーズンの総合優勝を勝ち取る。世界スプリント選手権では出遅れたものの二日目の500mで世界新記録をマーク。クリスティン・ネスビットも初日に1000mの世界新記録を出したハイレベルな争いを制して初優勝を果たした。中国人選手が世界記録保持者となるのは初めてであり、また36秒台をマークしたのは女子選手として史上初という快挙であった[2]。さらにこの時出したスプリント複合得点も世界新記録だった[3]。シーズンを締めくくる世界距離別選手権では2個の銀メダルを獲得した。世界記録はいずれも翌年に更新されたが、このシーズンの好成績により大きな注目を浴びる存在となっている。

2014年ソチオリンピックにも500メートルと1000メートルに出場予定だったが、2014年2月6日、欠場が報じられた[4]

脚注[編集]

  1. ^ Speed Skating - Biographies - Yu Jing-国際スケート連盟によるバイオグラフィ(「2010」とあるのは誤記と思われる)
  2. ^ 26歳・于静が女子史上初の36秒台-スポーツニッポン2012年1月30日
  3. ^ Speed Skating - Records - Historical World Record Sprint Combination - Ladies-国際スケート連盟による
  4. ^ “【スピードスケート】中国の于静が欠場 500メートル女子の前世界記録保持者”. 産経新聞. (2014年2月7日). http://sankei.jp.msn.com/sochi2014/news/140207/soc14020710050036-n1.htm 2014年2月9日閲覧。 
  • 于静 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(Sports Reference)(英語)
  • Yu Jing-各種大会の記録(SpeedSkatingStats.comによる)