五十嵐暁郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五十嵐 暁郎(いがらし あきお、1946年7月14日 - )は、日本の政治学者立教大学名誉教授。専門は日本政治論。新潟県出身。

経歴[編集]

略歴は以下のとおり[1]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『民主化時代の韓国――政治と社会はどう変わったか 1987-1992』(世織書房, 1993年)
  • 『新・アジアのドラマ―ポスト冷戦・高度経済成長の光と影』(潮出版社,1995年)
  • 『明治維新の思想』(世織書房, 1996年)
  • 『象徴天皇の現在―政治・文化・宗教の視点から』(世織書房,2008年)
  • 『日本政治論』(岩波書店,2010年)

共著[編集]

  • (新潟日報報道部)『田中角栄、ロンググッドバイ』(潮出版社, 1995年)

編著[編集]

  • 『『北一輝』論集』(三一書房, 1979年)
  • 『変容するアジアと日本――アジア社会に浸透する日本のポピュラーカルチャー』(世織書房, 1998年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 五十嵐暁郎先生略歴 立教法学86号