五十嵐甚蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五十嵐甚蔵

2代五十嵐 甚蔵(いがらし じんぞう、明治6年(1873年4月27日 - 昭和10年(1935年6月28日)は、貴族院多額納税者議員勲四等研究会所属。

経歴[編集]

新潟県笹岡村(現・阿賀野市)の地主の家系で代々五十嵐甚蔵を名乗った。初名は直彦。明治27年(1894年)に慶應義塾を卒業後、明治41年(1908年)に新発田銀行取締役、同頭取、第四銀行取締役、榎並銅鉄株式会社取締役、新発田倉庫監査役、新潟新聞監査役、新潟県地主協会会長等となる。品川弥二郎にじかに小作奨励を勧められ、1893年から蔵米品評会を実施。

大正14年(1925年)9月に貴族院議員となり、昭和7年(1932年)9月まで在任。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。