五十嵐美幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

五十嵐美幸(いがらしみゆき 1974年8月29日 - )は、中華料理料理人である。東京都東村山市生まれ[1]で、東京都渋谷区幡ヶ谷の中国料理美虎(みゆ)オーナーシェフとなる。

概要[編集]

子どもの頃から実家の中華料理店を手伝い、東京都立農業高等学校食品製造科卒業後、21歳で料理長に就任。

22歳でフジテレビのテレビ番組『料理の鉄人』に、当時最年少挑戦者として出場した[2]。その後、数々のテレビ番組や雑誌に登場。

野菜を多用し、食材の旨みを生かした、やさしい中華料理に定評がある。

2008年に独立。東京都渋谷区幡ヶ谷に 中国料理美虎をオープン[3]。しかしその後に後縦靭帯骨化症という難病を患う[4]

2013年神奈川県川崎市武蔵小杉に、自身がプロデュースしたレストランμ(ミュー)をオープンさせる[5]2016年にはバンコクに「MIYU」を出店[6]

著書[編集]

  • 『五十嵐美幸の野菜中華 MIYUKI流マジックテクニック』エンターブレイン、2010年4月2日。ISBN 978-4047264830。
  • 『うまっ!食べるラー油 身近な材料でつくる10分レシピ』辰巳出版、2010年7月23日。ISBN 978-4777808069。
  • 『初めてでもシャキッ! プリッ! だれでも炒めもの達人になれる』講談社、2011年12月14日。ISBN 978-4062995481。
  • 『五十嵐美幸のやっぱり野菜料理よ!!: 食物繊維をおいしく食べる』柴田書店、2012年7月2日。ISBN 978-4388061440。

共著

  • 柴田書店編『サラダ・サラダ・サラダ プロがつくる 166のサラダと109のドレッシング』柴田書店、2010年6月26日。ISBN 978-4388060788。
  • 丹下輝之、濱崎 龍一、五十嵐美幸『使える鶏肉レシピ~部位別で使いやすい。和・洋・中100品』柴田書店、2012年12月3日。ISBN 978-4388061600。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 五十嵐美幸 プロフィール
  2. ^ 熱海に夏限定中華食堂 有名料理人がオープン”. 静岡新聞 (2015年8月5日). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  3. ^ 五十嵐 美幸 さん - NHKみんなのきょうの料理
  4. ^ 五十嵐 美幸が語る仕事--4│仕事力│朝日新聞ひろば~朝日新聞の読み方をナビゲート” (日本語). 朝日新聞ひろば~朝日新聞の読み方をナビゲート. 2020年11月25日閲覧。
  5. ^ 【記者のイチ押し】川崎・武蔵小杉の「レストランμ(ミュー)」
  6. ^ 五十嵐美幸” (日本語). 五十嵐美幸 Official Website. 2020年11月25日閲覧。