五十嵐美樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いがらし みき
五十嵐 美樹
生誕 (1992-03-19) 1992年3月19日(29歳)
東京都[1]
国籍日本の旗 日本
出身校上智大学理工学部機能創造理工学科(物理学専攻)
東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程[2]
職業科学実験教室、サイエンスショー
ミキラボ・キッズ
YouTube
活動期間 2017年12月28日 -
ジャンル 実験
登録者数 約1.28万人
総再生回数 約50万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年4月28日時点。
テンプレートを表示

五十嵐 美樹(いがらし みき、1992年3月19日 - )は、日本のサイエンスエンターテイナーである。ワオ・エージェンシーに所属し、科学の面白さを伝える科学実験教室やサイエンスショーを多く開催し、『科学のお姉さん』として知られる[3]東京大学大学院情報学環・学際情報学府客員研究員[4]

来歴・人物[編集]

幼い頃にの実験を見て感動したことをきっかけに、科学に興味を持つ[5]

三輪田学園中学校・高等学校を卒業[6][7]後、上智大学理工学部機能創造理工学科(物理学専攻)に入学し、超伝導線について[8]臨界[要曖昧さ回避]電流密度を上げるためのの重ね方」[9]を日々YBCO薄膜を作りながら研究した[9]。大学在学時に「ミス理系コンテスト」でグランプリ[8]となる。大学3年生の頃にインターンシップに通った環境省東芝のうち、セールスエンジニアに興味を抱いて東芝に入社[10]し、エンジニアとしてETCなど交通管制システムの開発に携わる[11]。技術を次世代に伝えるために、土曜・日曜に社内の分解ワークショップに参加し、東芝未来科学館で実験教室を催す。のちに子供向け科学実験教室「みきらぼ実験教室」やサイエンスショーを全国各地で開催して講師を務める[10]

2015年9月30日に東芝から退職[10]し、本格的にサイエンスエンターテイナーとして活動を始める。初めてのテレビ出演は2015年12月31日放送『ワイルド9 〜男女9人の職人漂流記〜』(テレビ朝日)で、「収録3日前にテレビ局からオファーがあった」[11]

2018年東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程へ進学し、科学コミュニケーションを専攻[11][12]する。2020年に修士課程を修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府で客員研究員となる[13]東京大学大学院科学技術インタープリター14期生[5]で、ジェムズ(Great Explorations in Math and Science)を修得した。エンジニア職の経験を活かして理系女子キャリアイベントの講師として活動し、『理系女子未来創造プロジェクト』理事を務め[5]、2018年に日産財団「第1回リカジョ賞」準グランプリを受賞[5]する。外務省「国際女性会議WAW!」、G7・WIND特別イベント「STEM分野で輝く女性の未来」などに登壇し、アメリカSTEM教育ワークショップを開催[5]した。

日本国内で子ども向け実験教室やサイエンスショーを企画し、多く実演している[11][12]実績は五十嵐美樹オフィシャルサイトの「主なサイエンスショー実績」が詳しい。ヒップホップダンスを特技とし、踊りながら生クリームを振りバターを作る「ダンシングバターシェイク」などの「踊るサイエンスショー」も演じている[1][3][14]日本テレビ月曜から夜ふかし』の2018年6月4日、2018年7月16日、2019年2月4日、2020年5月11日各放送回で実験監修した[5]

科学と社会の懸け橋となる場作り[15]に関心が強く、物理と工学の分野になぜ女性が少ないかを、科学コミュニケーションの領域で調査、実践すること[16]を望んでいる。サイエンスショーで使う器具は全て手作り[17]で、東急ハンズ100円ショップ秋月電子通商Amazon、などから調達し、自室に実験道具が沢山ある[18]

出演[編集]

テレビ[編集]

ネットテレビ[編集]

ラジオ[編集]

掲載・連載[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」参照。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b 2019.5.15 水曜日”. 伊集院光とらじおと. TBSラジオ (2019年5月15日). 2019年5月24日閲覧。
  4. ^ 東京大学大学院修士課程および東京大学科学技術インタープリター養成プログラムを修了 | 五十嵐美樹オフィシャルサイト” (日本語) (2020年3月26日). 2020年7月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 五十嵐美樹オフィシャルサイト プロフィールより。
  6. ^ 扇谷歩志Facebook「扇谷歩志さんの自己紹介」
  7. ^ 五十嵐 美樹(Miki Igarashi) twitter 2018-02-23 14:53:03
  8. ^ a b 週刊ダイヤモンド 2013年10月12日号 p.39
  9. ^ a b 週刊ポスト 2013年11月29日号 p.169「理系女子(リケジョ)美女図鑑」
  10. ^ a b c 【ご報告】東芝を退職いたしました。”. 五十嵐美樹オフィシャルサイト (2015年10月4日). 2019年5月27日閲覧。
  11. ^ a b c d FRIDAY講談社)2019年5月24日号 p.45 - 52 グラビアページより。
  12. ^ a b 有田哲平の夢なら醒めないで 2018年11月27日(火)”. gooテレビ (2018年11月27日). 2019年5月24日閲覧。
  13. ^ 東京大学大学院修士課程および東京大学科学技術インタープリター養成プログラムを修了 | 五十嵐美樹オフィシャルサイト” (日本語) (2020年3月26日). 2020年7月7日閲覧。
  14. ^ 五十嵐 美樹(Miki Igarashi) twitter 5:01 - 2018年2月19日
  15. ^ “科学のお姉さん”五十嵐美樹さん②「私は科学と社会を結ぶきっかけを創る、コミュニケーションのお姉さんです。」” (日本語). BOT LABO (2018年11月30日). 2019年5月24日閲覧。
  16. ^ 理系タレントが重宝される時代? 海外ではトークショーに引っ張りだこの人材も” (日本語). AbemaTIMES (2018年12月30日). 2019年5月24日閲覧。
  17. ^ [https/www.youtube.com/watch?v=q54snTeHxRI BS-TBS公式チャンネル『「オトナ女子ストーリーズ」科学のお姉さん・五十嵐美樹に密着!』]
  18. ^ 【科学戦士「ミギネジ」の悪キャラの倒し方 第1話】「白いヌリカベ」と「アセトン」”. 理系女子応援サービス講談社Rikejo. 講談社 (2020年3月2日). 2020年4月16日閲覧。