五十音順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

五十音順(ごじゅうおんじゅん)とは、日本語仮名文字順序決めする規則である。あいうえお順とも言う。五十音の「あいうえお」に始まり、「わ(ゐ)(ゑ)を」に至る順序である。五十音に含まれない「ん」は通常「を」のあとに置かれる。

語句を並べる際には、おおよそ、本来の表記に関係なく(五十音のみで)仮名文字表記した場合の辞書式順序となる。つまり、まず1文字目を比較し、1文字目が同じ場合は2文字目を比較し、2文字目までが同じ場合は3文字目を比較し、以下同様である(語句の終わりが来た場合は「あ」より前となる、つまり、あ<ああ<あああ)。ただし、五十音以外の濁音小仮名長音符等の扱いはやや複雑である。

表記に基づく場合に比べれば発音に近いが、あくまで「仮名文字表記」を比べるため、発音とは一致しない。

用例[編集]

国語辞典や書籍の索引などを始め、人名や商品名を並べる場合などに、一般的に広く用いられる。

最初の五十音順の事典は1884年の『日本百科事彙』(田口鼎軒編)である。

公用文作成の要領では、人名・件名を並べるときは五十音順に並べるよう定められている。

基本の順序[編集]

基本の順序
1. 2. 3. 4. 5.
6. 7. 8. 9. 10.
11. 12. 13. 14. 15.
16. 17. 18. 19. 20.
21. 22. 23. 24. 25.
26. 27. 28. 29. 30.
31. 32. 33. 34. 35.
36. 37. 38. 39. 40.
41. 42. 43. 44. 45.
46. 47. 48.

詳細規則の例[編集]

「あいうえお」から「ん」に至る順序に関してはほとんど定着しているが、濁音半濁音長音などの扱いに関しては、ある程度一般的な決まりはあるものの、国語辞典などでもそれぞれで規定するなど若干の揺れがある。母音の並びは中国語の反切、子音の並びはサンスクリット語に由来するという説がある[1]JIS X 4061 に規定されている場合は、それを原則として述べる。

  • 濁点半濁点は無視する。無視した際に同じ語になる場合は、濁点・半濁点なし(清音)→濁点→半濁点の順とする。「」等も同様である。
(は→ば→ぱ→はあ→ばあ→ぱあ→ひ)
  • 別の例:濁音・半濁音は、清音と別の文字として扱う。順序は、清音→濁音→半濁音の順とする。
(は→はん→ば→ばん→ぱ→ぱん→ひ)
  • 別の例:「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」は「バ・ビ・ブ・ベ・ボ」と同一視する。
  • 長音符(ー)は、直前の母音(あるいは「ん」)と同一視する。同一視した際に同じ語になる場合は、母音→長音の順とする(長音符を使わない長音は表記どおりの順序とする)。
(ああく→あーく→ああけ)
  • 別の例:長音符は無視する。無視した際に同じ順位になる場合は、長音符なし→長音符ありの順とする。
(ああく→あく→あーく→あけ)
  • 別の例:長音符は独立した別の文字として、「ん」の次に置く。
(あわ→あん→あんわ→あー→あーん→い)
  • 小仮名、つまり、拗音の2文字目・促音」などのは、大きい字と同一視し、同一視した際に同じ語になる場合は、大きい字→小さい字の順とする。
(きや→きゃ→きやく→きゃく→きゆ)
  • 「わ」行の「」「」「」は「」の後とする。
    • 別の例:「ゐ」「ゑ」「を」は「あ」行の「い」「え」「お」と同一視する。同一視した際に同じ語になる場合は、「あ」行→「わ」行の順とする。
  • 」「ヽ」は直前の仮名文字を繰り返す。「ゞ」「ヾ」は直前の仮名文字に濁点をつけて繰り返す。
  • 境界要素は無視する。
(しらいし たろう→しらい たろう)
  • 別の例:しらい たろう→しらいし たろう
  • 異なる語でも同じ仮名表記になる場合があるが、その場合の順序について普及した規則はない。

コンピュータでの五十音順[編集]

文字コード[編集]

仮名文字を含む符号化文字集合は、基本的に仮名文字は五十音順になっているが、細部は異なる。

JIS X 0208
清音の直後に濁音、その直後に半濁音が連続している(は→ば→ぱ→ひ)。小仮名は、通常の順序と異なり、通常の仮名の直前にある(ぁ→あ→ぃ)。例外的に、「」「」「」は「ン」の後にある。
Unicode
JIS X 0208と同じ並びだが、「ヶ」の後に「」「」「」「」が追加されている。
JIS X 0213
JIS X 0208と同じ並びだが、「ヶ」の後に「カ゚〜コ゚」「セ゚」「ツ゚」「ト゚」が追加されている。
JIS X 0201半角カナ
」「ァ〜ォ」「ャ〜ョ」「ッ」「ア〜ワ」「ン」の順。五十音の中で「ヲ」だけが五十音順でない。

ソートの実装[編集]

五十音順を実現するには、漢字等を仮名文字へ変換する必要があるため、辞書式順序(lexicographical order)とはならず、コンピュータデータを扱う場合の五十音順の実装には(アルファベット順に比べて)大きな手間がかかる。

脚注[編集]

関連項目[編集]