五反田橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五反田橋
五反田橋(左岸から撮影)
五反田橋(左岸から撮影)
基本情報
日本
所在地 新潟県加茂市新潟県南蒲原郡田上町
交差物件 信濃川
構造諸元
全長 532.5m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Japanese Route Sign Number 9.svg
新潟県道9号標識

五反田橋(ごたんだばし)は、新潟県南蒲原郡田上町と同県加茂市信濃川に架かる新潟県道9号長岡栃尾巻線道路橋梁。東詰側は田上町大字保明新田字保明嶋、西詰側は加茂市五反田に位置する。

概要[編集]

五反田橋(パノラマ撮影)

橋長532.5mを有する桁橋。片側1車線で、歩道が設けられている。

東詰の下流側で、信濃川と加茂川が合流している。

当橋梁の下流側には新潟県道55号新潟五泉間瀬線庄瀬橋が、上流側には新潟県道9号長岡栃尾巻線の加茂大橋が架橋されている。

歴史[編集]

1915年大正4年)8月、木橋として架橋された。1932年昭和7年)に架け替えられ、老朽化により1984年(昭和59年)10月に現橋梁が竣工した。

加茂市・田上町中心部と国道8号を短絡するルートとして多くの通行量を有するが、左岸側の五反田・後須田地内は集落内を経由する狭隘区間で歩道も整備されておらず、渋滞が慢性的に発生している。このため新潟県は主要地方道長岡栃尾巻線の改良事業に着手し、加茂市中心部と新潟市西蒲区南東部を短絡するバイパス道路の建設を進めた。そして2010年平成22年)12月4日、当橋梁の上流側に加茂大橋が竣工して供用を開始し、当橋梁に集中していた道路交通の分散化が図られている。