五味一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごみ かずお
五味 一男
生誕 1956年8月10日
日本の旗 日本 長野県諏訪郡富士見町
出身校 早稲田大学中退後に日本大学藝術学部放送学科卒
職業 演出家
読売日本交響楽団評議員
作家
作詞家
漫画原作者
活動期間 1979年 - 現在
雇用者 日テレアックスオン執行役員・ジェネラルクリエイター
日本テレビ放送網(株)上席執行役員編成局および制作局エグゼクティブ・ディレクタープロデューサー
著名な実績クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』『マジカル頭脳パワー!!』『投稿!特ホウ王国』『速報!歌の大辞テン』『週刊!ストーリーランド』『エンタの神様』『24時間テレビ
影響を受けたもの 市川準スタンリー・キューブリック秋元康柳井正
親戚 五味廣文(元金融庁長官)、畑中浩一(元パナソニック社長)
公式サイト http://www.attackers-school.com/lecturer/index.html

五味 一男(ごみ かずお、1956年8月10日 - )は演出家プロデューサー公益財団法人読売日本交響楽団評議員作家作詞家漫画原作者長野県諏訪郡富士見町出身。早稲田大学中退後に日本大学藝術学部放送学科卒。血液型O型。肩書きは日テレアックスオン執行役員・ジェネラルクリエイター、日本テレビ放送網(株)上席執行役員編成局および制作局エグゼクティブ・ディレクタープロデューサー

略歴[編集]

人物・逸話[編集]

  • 小学校入学前にIQ150以上と判定された[2]
  • 小学6年で初めてオリジナルの戯曲を書き、学芸会で演出をした。
  • 早稲田大学時代は前衛劇団を主宰していた。
  • 日本大学藝術学部では君塚良一家田荘子らとともに映画製作集団で『虚飾の神話』『暗闇の剥製』などの前衛映画を作っていた[3]
  • 鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』にもスタッフとして参加していた[4]
  • 映画監督CM監督市川準に師事しCMディレクターとして活躍していたが、1987年、2000倍の競争率の中、日本テレビにトップで合格。その採用にかかった全額から「1億円の男」と呼ばれる[5]
  • 入社試験のとき「いまの日本テレビをどう思う?」と聞かれて「フジテレビにかなり遅れを取ってると思います」と答えた。フジテレビと同じことをすることではなく、フジテレビの華やかさを日テレ流にするため入社後、クイズ番組に興味はなかったが、社内で立ち上がったばかりの『クイズプロジェクト』に参加。当時の日本テレビはクイズ番組でレギュラーのヒット番組が1本がなく、王東順さんが手がける『なるほど!ザ・ワールド』のスタジオから世界に展開する派手で華やかな部分を見習い、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』を思いついた[6]。入社1年目にして“魔の不毛地帯”と呼ばれた水曜8時のテコ入れとして『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』を手がけて成功[7]
  • 土曜日の8時の『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS)、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ)といった人気番組が並ぶ苦戦していた時間帯に90年代を代表するクイズ番組『マジカル頭脳パワー!!』を手掛ける。「マジカルバナナ」「マジカル伝言バトル」「あるなしクイズ」「何を作っているのでしょうか?」など多くの人気コーナーを生み出し、常時、30%近い視聴率を記録する“オバケ番組”として知られる。[8]
  • 以後『投稿!特ホウ王国』、『速報!歌の大辞テン!!』『週刊!ストーリーランド』『エンタの神様』などを企画・演出しいずれも高視聴率の人気番組に育て上げた。こうして次々とヒット番組を産み出すことからテレビ業界では「視聴率男」「生涯打率 NO.1」と呼ばれ注目される存在である。番組放送中のクライマックスシーンの所でCMを挿入する手法(山場CM)を取り入れたり、スーパーを多用したり等の今のテレビ番組では当たり前の様になった手法を最初に取りいれた人物として知られる。その手法は現在のバラエティー番組・ドキュメント番組等に多大な影響を与えた。また、フライングスタートを導入したことでも知られる。さらに、番組をコンセプトから創りあげる「五味理論」はテレビ業界を超え「ビジネス界」でも知られている。   
  • 1992年に総合演出を担当した『24時間テレビ 15』ではメイン司会にダウンタウンを起用、数々の生チャレンジ企画や、初の24時間マラソンも開始したことで話題を集め高視聴率を獲得した。その後、1997年まで6年にわたり総合演出を担当、2006年から2011年まで監修を務めた。また、『SMAPシークレットX'masパーティー』など局を挙げた大型特番の総合演出を何本も担当。いずれも高視聴率を記録した。この頃、五味は「日テレの天皇」と呼ばれるようになった[9]
  • 『マジカル頭脳パワー!!』のヒットに甘んじない五味は真逆なモノを作ろうと『頭脳王』を思いつく。小学校1年生でもわからないとダメな『マジカル頭脳パワー!!』と両極が東大生でも分からないもの。加えて「東大医学部首席」とか異次元の人を作り上げることで、“びっくり天才ショー”に仕立て自ら築いたクイズ番組のアンチを思いついた[10]
  • その後、編成部企画部長に就任し、『ごくせん』の企画などを現場に指示しヒットにつなげた後、『エンタの神様』で現場復帰し企画・総合演出・プロデュースを担当。青木さやか陣内智則アンジャッシュ波田陽区サンドウィッチマン摩邪小梅太夫桜塚やっくんカンニングスリムクラブ東京03ラバーガールヒライケンジにしおかすみこノンスタイルエド・はるみ、などの芸人を次々と輩出し若手お笑いブームの牽引車的番組にする。
  • ヒットを生むための「五味理論」はテレビ業界だけにとどまらず、「リクルート」「アサヒビール」「Yahoo!」「バンダイ」「セブンイレブン」「ソフトバンクモバイル」など一般企業からも求められ、各社の講演の中で語っている。[2]また「大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール」にてメガヒット企画発想講座の講師も担当する[11]
  • 秋元康とは数回トークショーを行っていて、ユニクロ柳井正とともに最も尊敬する人の一人と公言している[12]
  • 数々の番組の成功と国際的にも『マジカル頭脳パワー!!』や『SHOW by ショーバイ!!』などの番組フォーマット権を世界15カ国に販売した実績で2007年6月28日付で、日本テレビ史上最年少で執行役員に就任[13]
  • 朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」「産経新聞」などの新聞や雑誌でコラムやエッセイを連載した経験があり、作家としても定評がある。
  • 週刊少年サンデー」では2013年17号から2014年31号まで推理漫画「超推脳KEI 摩訶不思議事件ファイル」の原作も担当している[14]
  • 2008年6月27日付で最年少で上席執行役員企画演出指導育成担当)に就任[15]2012年6月から日テレアックスオン取締役副社長に就任。2017年6月1日付でジェネラルクリエイター執行役員に就任。
  • 2018年11月3日AERA dotには日本テレビでの後継者育成について次のように紹介されている。『日本テレビは2014年から2017年まで年間視聴率で3冠を維持。圧倒的な強さの鍵はバラエティ番組にあり『マジカル頭脳パワー!!』『エンタの神様』など数々の高視聴率番組を手がけてきた五味一男というプロデューサーがいる。彼は視聴率を取るための独自の理論を持っていて、後輩たちにもそれを伝えている。五味のもとで育ったテレビマンが「五味理論」を駆使して徹底的に視聴者を満足させるための番組作りにこだわり続けたことで、根強い人気を保つバラエティ番組が次々に量産された。特に日曜ゴールデンの『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』という並びは圧巻である。日本テレビが王座を保ってきたのはそれが理由である』[16]
  • 親戚に五味廣文(元金融庁長官)、畑中浩一(元パナソニック社長)がいる[17]

特徴・五味ロジック[編集]

  • 良いクイズの三原則は「考えたくなるような興味をそそる」「誤答のバリエーションが多い」「正解を聞いたあとに、なるほどと納得する」としている[18]
  • エンタの神様』はネタ番組の中では高視聴率を維持し、一般人を対象としたQレイト(番組質)調査において民放の番組の中でトップクラスにいる。ただしネタの長短が極端に異なる、テロップを表示する、芸人のネタを自ら作るなどの大胆な演出のため一部では否定的な声もある。それでも吉本興業プロダクション人力舎を初めとするほとんどの芸能事務所が五味の言うことを聞き入れるのは、五味がプロデュースすると営業他の単価が飛躍的にアップするからである[19]
  • 2013年10月8日付の「スポーツ報知」にて、交通事故に遭い他界した桜塚やっくんの名付け親として紹介され、やっくんに対して「ご冥福をお祈りします、だけで締めくくりたくない。もう一度、チャンスをあげたい。『生まれ変わって芸人になったら、天下を取れよ』と言ってあげたい」とコメントしている。
  • 2014年7月放送の『ウラカタ』に出演。森圭介アナが「五味さんにとって御自分の作られた番組ってどんな感じなんですか?」と聞くと「すべての番組が竜宮城のように楽しいもの」とコメント。森アナが「じゃあ玉手箱がいっぱいありますね?」と返すと「そうか・・開けたら即死だね。」と答え、笑いを誘った。[20]
  • 2017年9月放送の『AKBINGO』にVTR出演。「なぜウーマンラッシュアワーがエンタに出演できないんですか?」という質問に対し「出演してほしいんだけど、村本くんがあまり言うことを聞かないらしいんで・・・」と答える。これに対し村本は「そんなことはありません。言うこと聞きます。車も洗いますから。」と出演を熱望した[21]
  • かつての人気クイズ番組『マジカル頭脳パワー!!』で「マジカルバナナ」や「伝言バトル」などのコーナーを考案しており、作家性の強い演出家であることも業界では知られている[22]
  • 全国高等学校クイズ選手権』の総監修を2008年から2012年の5年間担当。初回からの流れを一気に変え、新たに「知の甲子園」をコンセプトに据え、視聴率17.5%を獲得[17]。高偏差値に偏りすぎという批判もあったが、2013年に五味が番組から離れ「知の甲子園」のコンセプトがなくなると、徐々に視聴率が下降していくことになる[23]

評価[編集]

  • 2013年3月放送のABCテレビ『漫才歴史ミステリー 笑いのジョブズ』でカンニング竹山が「エンタ出演当時は五味さんの言われた通りにやっていた。そうしたら視聴率が上がっていった」と告白し、東野幸治は「賛否両論はあるにせよ、五味さんのテレビにおける功績は偉大だ」と語った。
  • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』『24時間テレビ』『高校生クイズ』など、低迷した特番をダイナミックに変える演出は、賛否両論あるものの、いずれも視聴率を倍増する結果になっている。それに対し五味本人は「日経MJ」の取材に対して「視聴率を決めるのは放送局ではなくあくまでも視聴者の皆様。私の支持者はサイレントマジョリティー(一部の極端な意見を言う人ではなく、大多数の一般的な人々)です。」と語っている[24]2011年に企画総監修し現在も継続している『頭脳王』でも15.8%という視聴率を獲得している[25]
  • 2017年現在、「五味の番組や演出方法を真似るテレビマンが数多くいることは否めない」と日経MJでは言及している。
  • アンジャッシュエンタの神様15周年のインタビューにて、「台詞をテロップで入れるのが耐えがたく朝まで喧嘩した」と番組の手法には反感があったことを述べた一方で、「五味さんにはテレビというものを徹底的に叩き込まれた。そのおかげでご飯が食べられるようになった」と感謝の意を述べている[26]
  • 福澤朗は五味から『SHOW by ショーバイ!!』時代に「声を上げないふつうの視聴者、サイレント・マジョリティが一番怖い」「続いては○○のコーナーでーすと(語尾を)伸ばすな、伸ばすとまわりがワアーッ!とやりたくなって時間の無駄」「以上、○○のコーナーでしたの『以上』はNG、ザッピングチャンスになるから」と教わったと述べている[27]
  • サンドウィッチマンは、2018年7月9日放送の『ZIP!』で【自分の人生を変えてくれた人は俺達を発掘してくれた五味さん】と伊達、冨澤ともに答えている。このことは二人の著書『敗者復活』でも言及している[28]
  • チコちゃんに叱られる!』を手掛けた小松純也は若い頃、どうしても歯が立たないと思っていたのが五味と言及している。「五味さんの手がける番組は、家族のだんらんにつながる仕組みが企画のなかに確立されている。家庭のテレビをゲーム機に変えた。さらに番組の盛り上がりが最高潮になった時にCMをはさむヤマ場CM、テレビで当たり前となっている字幕テロップを多用し始めたのも五味さん。技術的なことも含め、こうした五味の方法論は、テレビ業界だけでなく、ヒット商品を生みたい企業に五味理論として脈々と伝わっている」と評する[29]

趣味・特技[編集]

プロデュース[編集]

担当番組[編集]

個人活動[編集]

作詞・作曲[編集]

  • 『マジカルバナナ』(作詞、作曲) - 「マジカルバナナ♪ ○○といったら○○。」
  • 『小梅日記』(作詞) - 歌は小梅太夫   ※『GOLD配信大賞受賞』20万ダウンロード
  • 『愛の革命戦士』(作詞) - 歌は桜塚やっくん[31]

書籍[編集]

漫画原作[編集]

  • 超推脳KEI 摩訶不思議事件ファイル』(週刊少年サンデー 2013年17号 - 2014年31号、小学館)
    • 単行本1巻(小学館) ISBN 978-4-09-124356-0
    • 単行本2巻(小学館) ISBN 978-4-09-124460-4
    • 単行本3巻(小学館) ISBN 978-4-09-124523-6
    • 単行本4巻(小学館) ISBN 978-4-09-124584-7
    • 単行本5巻(小学館) ISBN 978-4-09-124629-5
    • 単行本6巻(小学館) ISBN 978-4-09-125019-3
    • 単行本7巻(小学館) ISBN 978-4-09-125025-4

著書[編集]

  • 『「視聴率男」の発想術』(2005年宝島社) ISBN 978-4796647724
  • 『ヒット率99%の超理論』(2007年PHP研究所) ISBN 978-4569644820
  • 『賢い! 「現実逃避」術 』(2014年、PHP研究所) ISBN 978-4569819518[32][33]

関連書籍[編集]

  • 『マジカル頭脳パワー!!』(1)(1992年日本テレビ出版) ISBN 978-4820391364
  • 『マジカル頭脳パワー!!』(2)(1993年、日本テレビ出版) ISBN 978-4820392286
  • 『マジカル頭脳パワー!!』(3)(1993年、日本テレビ出版) ISBN 978-4820393191
  • 『マジカル頭脳パワー!!』(4)(1994年、日本テレビ出版) ISBN 978-4820394129
  • 『マジカル頭脳パワー!!』(5)(1995年、日本テレビ出版) ISBN 978-4820395416
  • 『マジカル頭脳パワー!!』(6)(1997年、日本テレビ出版) ISBN 978-4820396666
  • 『手力王・栗間太澄』(1997年、日本テレビ出版)ISBN 978-4820396543
  • 『<図解>あの人はいつ勉強しているのか』 ISBN 978-4569652443(2006年 アーク・コミュニケーションズ)- 「かつての失敗を糧に自分を高める勉強法」
  • 『トップ・プロデューサーの仕事術』 (2008年日経ビジネス人文庫) ISBN 978-4532194512 - 「前フジテレビ社長亀山千広と共に紹介」
  • 『透明人間の買いもの 』(2010年扶桑社文庫) ISBN 978-4594061913 - 「指南役(ホイチョイプロ)が五味の才能賞賛」
  • 『「視聴率」50の物語』(2013年ビデオリサーチ小学館) ISBN 978-4093108096 - 「テレビの歴史を創った50人の1人として紹介」
  • 『日本テレビの「1秒戦略」』 (2016年小学館新書) ISBN 978-4098252770 - 「日本テレビ3冠王の立役者として紹介」
  • 『フジテレビ凋落の全内幕』「共著」(2016年、宝島社) ISBN 978-4800259660 - 「亀山千広に応援の言葉を贈っている」[34]

雑誌[編集]

  • 日経ビジネス1996年10月号、日経BP社) - 「緻密なデータで打率10割,「分かりやすく」がカギ」
  • 新・調査情報1997年3月号、TBSメディア総合研究所
  • 広告批評(1997年4月号、マドラ出版) - 「テレビは見世物小屋だ「マジカルTVパワー!?」特集」
  • ぎゃらく(1997年6月号、放送批評懇談会) - 「いまの批評じゃズレズレだ!!」
  • 月刊民放(1998年9月号、日本民間放送連盟) - 「視聴者の変化をどうとらえるか--メディア・リテラシー考」
  • 学校運営研究(1998年10月号) - 「指導力不足教師と学校の対応策)
  • 2000年7月号) - 「日本テレビ"独走"の検証 ; 日テレ"ヒットメーカー"7人の演出論」
  • The21(2005年5月号、PHP研究所) - 「ヒットは「感性」ではなく「理詰め」で生み出す」
  • The21(2005年8月~10月号、PHP研究所) - 「これが"確実にヒットを生み出す"極意だ! 「ヒット率9割男」の仕事術!五味式トレーニング」
  • 文蔵2006年11月号、PHP文庫) - 「本屋さんの歩き方」
  • 日経エンタテインメント(2006年12月号、日経BP社)- 「エンタの神様の人気芸人のつくり方」[35]
  • ぎゃらく(2007年1月号、放送批評懇談会) - 「TVのエンタテインメント力 五味一男×板橋順二 テレビの"笑い"はこう作れ!!」
  • 日経エンタテインメント(2007年4月号、日経BP社)- 「時代を動かす100人ヒットメーカー列伝」
  • プレジデント(2007年7月号) - 「実践!自利利他の交渉術」
  • 調査情報(2008年、TBSメディア総合研究所) - 「"ショーケース化"する「お笑いバラエティー」の新潮流)
  • 放送批評の50年(2013年学文社
  • 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号、文藝春秋) ※連載「最強の五味一男イズム」[36]

ゲーム[編集]

  • 『マジカル頭脳パワー!!DS』[37]

講演会[編集]

イベント[編集]

番組[編集]

※自身の演出プロデュース番組の出演に伴う、ごく短時間のものを除く

ウェブ[編集]

  • ZAKZAK2004年8月21日) - プロデューサーに聞く「エンタの神様」好調の秘密[42]
  • 経営者.jp(2016年4月26日) ※映像視聴できます
  • イーキャリア - 偉人伝心・対談企画「五味一男 × おちまさと」[43]
  • チェリー(2017年4月6日) - 「王者日テレの歴史」[44]
  • ORICON NEWS(2018年3月20日) - 「総合演出・五味一男が語る15年続く『エンタの神様』人気の秘けつ」[45]

脚注[編集]

  1. ^ AKB48 長久玲奈、『エンタの神様』出演で才能が開花? 「またお笑いやりたいです」Real Sound、2017年9月6日
  2. ^ a b ゲーテ2008年10月号
  3. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  4. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  5. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  6. ^ 【マイナビニュース】「クイズ」王東順×五味一男(前編) 『なるほど』『ショーバイ』誕生秘話
  7. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  8. ^ "ミリ単位"の演出術! 「マジカル頭脳パワー!!」が高視聴率番組になったエキサイトニュース、2016年11月10日
  9. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  10. ^ 【マイナビニュース】「クイズ」王東順×五味一男(後編) “マンネリ打破”と“人の縁”
  11. ^ メガヒット企画発想講座YouTube、2010年3月31日
  12. ^ 日経MJ」2016年11月号
  13. ^ 「放送界」2008年10月号
  14. ^ 脳にコンピューター入った探偵少年を描く、サンデー新連載コミックナタリー、2013年3月27日
  15. ^ 日本テレビ 取締役、監査役および執行役員 (2011年7月1日現在)
  16. ^ 【AERA】有働由美子起用の裏で露骨な経費削減策の日本テレビ テレビ朝日に視聴率を抜かれた本当の理由
  17. ^ a b 「日経MJ」2016年11月号
  18. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  19. ^ 週刊ポスト2006年9月22日号、「日経エンタテインメント!」2006年12月号
  20. ^ 五味一男「エンタの神様」総合演出日本テレビ、2014年7月27日
  21. ^ AKBメンバーが「エンタの神様」に出演! 先を越されたウーマン村本が嫉妬心丸出し? (zakzak、2017年9月6日)
  22. ^ 「日経エンタテインメント!」、「ギャラック」、「創」
  23. ^ 「日経MJ」2016年11月号
  24. ^ 「日経MJ」2016年11月号
  25. ^ 週刊文春2017年8月17日号~9月21日号
  26. ^ アンジャッシュ「エンタの神様」に感謝、テレビを全部教えてもらったお笑いナタリー、2018年3月3日
  27. ^ 福澤朗が明かす「日本テレビ、なぜ強いか」グノシー、2018年6月2日
  28. ^ サンド、“人生を変えてくれた人”は共に相方 24時間TVに意気込みマイナビ、2018年7月9日
  29. ^ 【夕刊フジ】ターゲットを絞ると作り手の発想が狭まる
  30. ^ 女性リポーター「バストアップサロン」「ヌードスタジオ」潜入…“視聴率男”が挑む、地上派では放送できぬ過激番組サンケイスポーツ、2015年5月4日
  31. ^ 愛野革命戦士歌詞タイム
  32. ^ 成功者になれる人にしか理解できない!? プラスの現実逃避 ITmedia、2014年7月31日
  33. ^ 合法的にイヤなヤツになれ! ストレスコントロールのための、上手な現実逃避のすすめビジネスジャーナル、2014年7月2日
  34. ^ “王者”はなぜ、玉座から引きずり降ろされた? 関係者が独白『フジテレビ凋落の全内幕』エキサイトニュース、2016年10月22日
  35. ^ 『エンタの神様』の「人気芸人のつくり方」
  36. ^ 「24時間テレビ」“中興の祖”に注目させる、てれびのスキマ「日テレ物語」週刊文春、2017年8月26日
  37. ^ マジカル頭脳パワー!!DS
  38. ^ メガヒット理論~高確率でヒット商品を生み出す企画術~2009年5月12日
  39. ^ 今魅力あるコンテンツとは?
  40. ^ 「あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞~超爆笑キング決定戦!~」開催日本音楽事業者協会
  41. ^ 桜塚やっくん追悼番組で名付け親で『エンタの神様』の生みの親・五味一男氏が今の思いを告白オリコンニュース、2013年10月21日
  42. ^ プロデューサーに聞く「エンタの神様」好調の秘密ZAKZAK、2004年8月21日)
  43. ^ スペシャリストに学ぶ!プロフェッショナル仕事術イーキャリア
  44. ^ 「王者日テレの歴史」チェリー、2017年4月6日
  45. ^ 『エンタの神様』スタートから15年 総合演出・五味一男が語る人気の秘けつORICON NEWS、2018年3月20日

関連項目[編集]