五味智英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

五味 智英(ごみ ともひで、1908年11月30日 - 1983年3月9日)は、日本の文学者上代文学)、万葉集の権威である。長兄はアララギ歌人で万葉学者の五味保義

生涯[編集]

長野県下諏訪町出身。旧制諏訪中学第一高等学校を経て、1935年東京帝国大学文学部国文科卒業。1937年旧制第一高等学校教授、1957年東京大学教授、1968年文学部長、翌年退官し名誉教授。学習院大学教授、上智大学青山学院大学日本女子大学の非常勤講師を歴任。

上代文学会会長、全国大学国語文学常任理事、和歌文学会常任委員、学術審議会専門委員。1980年11月3日叙・勲二等瑞宝章。

著書[編集]

共著、編著等[編集]

  • 日本古典文学大系萬葉集1~4(岩波書店)
  • 万葉集必携(学燈社
  • 万葉の時代(歴史公論ブックス13)(有山閣出版)
  • 古事記・風土記(武蔵野書院)
  • 万葉集研究全27集(五味は13集まで)(塙書房)
  • 萬葉集全4巻(校注)(岩波書店)
  • 萬葉集歌人事典(共同監修)(雄山閣出版)

論文等[編集]

  • 人麻呂長歌寸言(雑誌万葉)(萬葉学会
  • 山上憶良の長歌の気息(論集上代文学)(笠間書院)
  • 上総国司妻女等の歌(論集上代文学)(笠間書院)
  • 岐美=神のかけあひの歌(論集上代文学)(笠間書院)

校歌作詞[編集]

出典[編集]