五峰亜季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

五峰 亜季(いつみね あき、11月9日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役[2]

大阪府箕面市[1]雲雀丘学園出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「まゆみ」[1]

来歴[編集]

1984年、宝塚音楽学校入学。

1986年、宝塚歌劇団に72期生として入団。入団時の成績は8番[3]星組公演「レビュー交響楽」で初舞台[1][2]。その後、雪組に配属[2]

2002年11月18日付で専科へ異動となる[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 2003年5月、星組雨に唄えば』(日生劇場) - ゼルダ・サンダース、緑のドレスの女、白のドレスの女
  • 2003年11〜2004年3月、月組薔薇の封印-ヴァンパイア・レクイエム-』 - カッサンドラ、ディ・フラッソ男爵夫人
  • 2004年5〜6月、花組『NAKED CITY』(バウホール日本青年館) - デーニア・ローザ
  • 2004年10〜11月、宙組『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』(バウホール) - AKI、シーラ・グレアム
  • 2004年11月、月組『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』(バウホール) - AKI、シーラ・グレアム
  • 2006年1月、宙組『不滅の恋人たちへ』(バウホール) - ダグー伯爵夫人マリー
  • 2006年2月、宙組『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』(日本青年館) - AKI、シーラ・グレアム
  • 2006年3月、月組『THE LAST PARTY〜S. Fitzgerald’s last day〜フィッツジェラルド最後の一日』(東京芸術劇場) - AKI、シーラ・グレアム
  • 2006年9〜12月、雪組堕天使の涙』 - ジュスティーヌ・ルブラン『タランテラ!』
  • 2007年4月、宙組『NEVER SLEEP』(バウホール・日本青年館) - キャロリン・ロススタイン
  • 2007年10月、雪組『シルバー・ローズ・クロニクル』(シアタードラマシティ・日本青年館) - ウルスラ・アンブラス
  • 2007年12〜2008年1月、月組『HOLLYWOOD LOVER』(バウホール・日本青年館) - シーラ・グレアム
  • 2008年5〜6月、雪組『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』(バウホール) - エンマ・パーカー
  • 2008年12〜2009年1月、雪組『カラマーゾフの兄弟』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター) - イワンの幻覚
  • 2009年7〜10月、雪組『ロシアン・ブルー-魔女への鉄槌-』 - カテリーナ・コーシュキナ『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』
  • 2010年2月、月組『HAMLET!!』(バウホール・日本青年館) - ガートルード
  • 2010年5〜8月、宙組『TRAFALGAR(トラファルガー)-ネルソン、その愛と奇跡-』 - ジョセフィーヌ
  • 2011年4〜5月、雪組『ニジンスキー-奇跡の舞神-』(バウホール・日本青年館) - タマラ・カルサヴィナ
  • 2011年10〜12月、宙組『クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-』 - クラウディア・ロレンツォ侯爵夫人
  • 2012年7〜8月、雪組『双曲線上のカルテ』(バウホール・日本青年館) - ロザンナ・マルチーノ
  • 2014年3〜4月、雪組『心中・恋の大和路』(シアタードラマシティ・日本青年館) - 妙閑
  • 2014年6〜7月、花組『ノクターン-遠い夏の日の記憶-』(バウホール) - ザセーキナ公爵夫人
  • 2016年9月、花組『仮面のロマネスク』(全国ツアー) - ローズモンド夫人
  • 2017年3〜4月、花組『仮面のロマネスク』 - ローズモンド夫人『EXCITER!!2017』(全国ツアー)
  • 2018年6〜7月、月組『雨に唄えば』(TBS赤坂ACTシアター) - ドラ・ベイリー
  • 2019年1月、月組『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』(バウホール) - ヴィロンスキー伯爵夫人

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、11頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e 舞台に懸ける#104「五峰亜季」タカラヅカ・スカイ・ステージ
  3. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.98 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010