五島市立久賀中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五島市立久賀中学校
過去の名称 久賀島村立久賀中学校
福江市立久賀中学校
国公私立 公立学校
設置者 五島市
併合学校 久賀島村立田ノ浦小学校
五島市立蕨中学校
校訓 明るく 誠実で 逞しい人間
設立年月日 1947年昭和22年)4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 853-2171
長崎県五島市久賀町248番3号
(五島市立久賀小学校と同じ)
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

五島市立久賀中学校(ごとうしりつ ひさかちゅうがっこう)は、長崎県五島市久賀町(久賀島)にある公立中学校。略称は「久中」。

概要[編集]

歴史
1947年昭和22年)の学制改革により新制中学校として創立。2012年(平成24年)に独立。2014年平成26年)に創立140周年を迎えた。
校訓
「明るく 誠実で 逞しい人間」
学校教育目標
「心豊かに逞しく学び続ける生徒の育成」
校章
校名の「久」と「中」の文字を図案化したもの。
校歌
作詞は中村竹松、作曲は原格太郎による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「久賀」が登場する。
校区
久賀島全域(五島市の後に「久賀町・蕨町・猪之木町・田ノ浦町」が続く地区。)
小学校区は五島市立久賀小学校[1]

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革六・三制の実施)が行われる。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 久賀島村立田ノ浦中学校(地図)を統合。
    • 5月 - PTAが発足。
  • 1951年(昭和26年)5月 - 中学校の新校舎が完成したため、小学校との併設を解消。生徒数(中学校のみ)が最大の233名(6学級)を記録する。
  • 1956年(昭和31年)1月 - 特別教室1棟が完成。
  • 1957年(昭和32年)11月1日 - 久賀島村が福江市に編入されたことにより「福江市立久賀中学校」に改称。
  • 1958年(昭和33年)6月 - 水道施設が完成。
  • 1962年(昭和37年)2月 - へき地集会室が完成。
  • 1964年(昭和39年)1月 - ミルク給食を開始。
  • 1983年(昭和58年)
    • 3月 - 新校舎・体育館が完成。
    • 12月 - 運動場を整備。
  • 1987年(昭和62年)4月 - 完全給食を開始。
  • 1993年(平成5年)9月 - 久賀小学校との合同運動会を開始。
  • 1999年(平成11年)- パソコンを設置。
  • 2004年(平成16年)8月1日 - 市町村合併で五島市が発足したことにより、「五島市立久賀中学校」(現校名)へ改称。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - 五島市立蕨[2]中学校[3]地図)を統合(久賀島の中学校が1校だけとなる)。
    • 4月1日 - 五島市立久賀中学校の校舎に久賀小学校が移転してきて、60年ぶりに小中併設校となる。
  • 2016年(平成28年)4月 - 長崎県内で初めて「しま留学制度」が導入される。

交通[編集]

最寄りの道路は、長崎県道167号久賀島線である。

周辺[編集]

  • 久賀島郵便局

同名・同表記の中学校[編集]

参考資料[編集]

  • 「福江市史 上巻」(1995年(平成7年)3月31日, 福江市)第3編 教育・文化、第2章 学校教育、第2節 学校の沿革と現況 p. 405 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 就学指定学校及び区域外通学について - 五島市ウェブサイト
  2. ^ 「蕨」の読みは「わらび」。
  3. ^ 1947年(昭和22年)「久賀島村立蕨中学校」、1857年(昭和32年)「福江市立蕨中学校」、2004年(平成16年)「五島市立蕨中学校」、2009年(平成21年)閉校。

関連項目[編集]