宇久氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五島(宇久)氏
家紋
丸に武田菱[1]、二引[1]
本姓 桓武平氏高望王流
清和源氏義光流武田氏流[1]
家祖 平家盛
武田信弘?[1]
種別 武家
華族子爵
出身地 上松浦党、肥前国宇久島
主な根拠地 上松浦党、肥前国宇久島
凡例 / Category:日本の氏族

宇久氏(うくし)は、日本氏族の一つ。上松浦党。肥前国松浦郡宇久島より起こる。

概要[編集]

壇ノ浦の戦い後に伊勢平氏の一族で平清盛の弟家盛が宇久島へ上陸し、同島の領主となって宇久次郎と名乗り宇久氏を興したともいう。旧宇久町(2006年に佐世保市に編入合併される)ではこちらの説に従い「平家の里」をキャッチフレーズとして町おこしに取り組んでいた。この他にも清和源氏の武田信弘が宇久島へ渡り築城して宇久家盛を名乗ったという説もある。

宇久氏は鎌倉時代から戦国時代にかけて宇久島から五島列島全域に支配を広げていった。玉之浦納の反乱により一時衰退するも、宇久盛定が松浦氏の援助により中興を果たす。盛定の跡は子の宇久純定が継いだが、純定は晩年にキリスト教への傾倒を強め、子の宇久純尭(五島純高)はキリシタン大名「ドン・ルイス」となる。純尭自身は熱心なキリシタンであったが、キリシタンへ反発する家臣との対立が次第に強まっていく。

純尭の子の宇久純玄(五島純玄)は一転してキリシタンに対する弾圧者に転じる。純玄が五島姓を名乗り、以後は五島氏ごとうしとなった。純玄が急死した後は叔父の五島玄雅が継承し、五島氏は江戸時代を通じて明治維新まで福江五島藩主と分家の富江領主(3000石)として続いた。

朝鮮出兵における五島勢[編集]

ここでは、豊臣秀吉朝鮮出兵における、肥前国五島藩(福江藩、現長崎県五島列島)の動きについて述べる。

朝鮮出兵の下準備[編集]

天正15年(1587年)6月、豊臣秀吉九州を平定した(九州征伐)。その際、宇久純玄(第20代当主)は、1万5,530石の本領を安著された。

天正17年(1589年)、秀吉は奥州伊達政宗を降し、翌年北条氏直小田原に囲み滅ぼし(小田原征伐)、徳川家康関東に移封し天下統一をなした。

国内統一を果たした秀吉は、世界に目を転じた。まず、朝鮮入貢を命じ、開かなければ討つ、と脅し対馬宗義調に折衝させ、同様にルソン高山国台湾)にも使者を出した。

天正19年(1591年)、秀吉は配下武将に出兵軍役を命じ、甥の内大臣豊臣秀次関白を譲って自らは太閤となり、肥前名護屋に城を築きそこに入った。9月、平戸城松浦鎮信に命じて壱岐の風本に城を築かせた。その築城の担当は、平戸城主松浦鎮信、日野江城有馬晴信大村城大村喜前、五島城主五島純玄であった。宇久純玄はこの年、姓を五島に改めている。

小西行長と、宗義調の子・義智は、対朝鮮平和的計画進行を秀吉に献策し許されると話し合いで解決しようと朝鮮に渡ったが成果が無かった。秀吉はその間に加藤清正らの九州の諸将を壱岐と対馬に待機させ、文禄元年(1592年)3月13日、予定通り、一番隊小西行長、宗義智ら1万8,700人を渡海させて朝鮮半島に上陸させた。続いて加藤清正の二番隊、黒田長政の三番隊というように九番隊まで総勢15万8,000人と九鬼嘉隆らの船奉行9,200人(後に水軍編成へ順次移行)を組織した。肥前の名護屋城には徳川家康前田利家上杉景勝伊達政宗ら兵十余万の予備軍団を待機させた。五島領主の五島純玄は、一番隊小西行長に属し、軍役担当に従って兵700を出陣させ、五島八郎兵衛盛長を城代留守役に命じた。

五島勢が属する一番隊の編成

総計 18,700人

文禄の役での五島勢[編集]

文禄元年(1592年)4月12日、朝鮮に進撃した五島勢は10月3日一番隊の先鋒となって奮戦し、釜山鎮城を即日攻略した。翌日には慶尚道東莱城を落とし、17日には密陽府を攻めてこれを落とし、さらに進撃して慶尚道、忠清道、京畿道の諸城は戦わずして攻略した。秀吉侵攻軍はわずか19日で朝鮮の首都漢城を落とした。首都漢城占領に先立ち朝鮮国王は首都を捨てて逃亡し、民衆は暴徒化し景福宮奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院などに放火し消失させた。

朝鮮水軍の李舜臣が釜山西方に展開中の日本船を攻撃し、数千の日本陸軍と水軍が対応の為に拘束された。また、釜山から漢城までの輸送路がゲリラ攻撃されると内陸部では兵糧備蓄の不安が起きた。7月には朝鮮の救援要請に答えた明の遼東副総兵・祖承訓北京の命令を待たず援軍を発した。祖承訓は朝鮮の義州から南下をはかり平壌城を攻めるが小西行長らに撃退された。

文禄2年(1593年)正月、明は李如松を総兵官として4万3000の兵をもって、平壌の小西行長を包囲した。この戦いの際、一番隊の戦死者1600名で、五島勢でも太田弾正、江十郎、青方新八らが討ち死にした。行長は撤退を強いられ、漢城まで後退した。

漢城では、六番隊の小早川隆景軍も撤退して来て食糧事情が紛糾を極めた。そんな中勢いに乗った李如松が南下して漢城に迫った。隆景は宇喜多秀家立花宗茂吉川広家らとともに李如松を碧蹄館に迎え撃ち破った(碧蹄館の戦い)。この際、五島純玄も出陣していた。

しかし兵糧不足に陥った日本軍は漢城を撤退し、釜山方面に集結した。両軍とも講和の機運が高まり、明から使者が来たのにともなって、和平交渉に入ったが折り合いがつかず難航した。

このような最中、五島勢に一大事が起こった。陣中で疱瘡にかかった純玄が、7月28日逝去した。純玄は夫人との間に子がなかったので、陣中で五島家承統を早速にも決せねばならなかった。大浜孫右衛門玄雅は、平田甚吉、青方善助らと協議し小西行長を訪れ、純玄の遺言を伝えた。行長はすぐに名護屋城に使いを走らせたが家臣一同の不安が解けないので、玄雅を呼び寄せると、純玄の遺言に従って五島家を相続するように勧めた。玄雅は一度拒み、行長はさらに甚吉を召して再協議し、玄雅を再度召して、留守役五島八郎兵衛の息子を養子として受け入れた上で五島家を相続することを勧めた。その条件で玄雅は第21代五島家当主になった。

北京から明の使節がきた。慶長元年9月1日、大坂城において明使を引見した秀吉は明の国書のなかの、「茲特封爾為日本国王賜之誥命(ここに特に爾を封じて日本国王に誥命賜う)」の部分を見て激怒し、小西行長の和平交渉が詐欺であったことがわかり、この場で誅殺しようとした。西笑承兌の取り成しと行長自身の陳謝で行長は命を取り留めた。

秀吉は再度出兵を命じた。

慶長の役での五島勢[編集]

慶長元年(1596年)9月、秀吉は再度朝鮮出兵の命を下した。秀吉の作戦目標は全羅道を徹底的に撃滅し、なるべく忠清道と京畿道にも進撃し、その達成後は拠点となる城郭を建設し在番の城主を決め、その他の諸将は帰国させるというものだった。[2]在朝鮮の2万の守備軍を含め、総勢14万1500人が朝鮮半島に進撃を開始した。五島玄雅は、小西行長の軍に属し閑山島の攻略に参加し打ち破っている。

日本軍は全羅道から忠清道の掃討を順調に行い、反撃してきた明軍を稷山の戦いで蹴散らし首都の漢城を脅かし、京畿道にも進撃して作戦目標を達成すると朝鮮南岸へ撤収して城郭の建設を始めた。

慶長2年(1597年)12月、建設中の蔚山倭城が明の援将経理楊鎬の率いる5万7千の大軍に包囲された。蔚山城の守将浅野幸長と援軍に駆けつけた加藤清正は未完成の城と兵糧の備蓄など籠城の準備が整わない状態により苦しい戦いを強いられたが、幾度も明軍を撃退し、多くの死傷者を出した明軍の戦意を喪失させた[3]五島玄雅毛利秀元らの援軍に参加し、得意の水軍を率いてこれを救援、明軍の背後を突き突撃した。これを見た加藤・浅野の篭城軍は打って出て、明軍を破り追撃した。明軍の戦死者は2万にも達した[4]。慶長3年(1598年)1月1日のことだった。

秀吉は、1月17日、寺沢広高を通じて玄雅に、「今度大明人蔚山取還之由注進付 而為後巻雖押出候敵引退之由 既に自此方も安芸中納言 増田右衛門 因幡但馬大和紀伊九鬼父子等可取立旨雖被仰付候右之分候間不及是非候 云々」の朱印状とともに、小袖一服、道服一服を与えた。さらに8月、玄雅がいったん帰朝して家督相続の御礼のために大坂城に伺候したさい、秀吉は抜群の戦功を愛でて「豊臣」の姓を名乗ることを許した。

慶長3年(1598年)五島勢は、小西行長松浦鎮信有馬晴信大村喜前とともに順天の東南10キロメートルの光陽湾岸に築かれた順天倭城を守っていた。10月2日から4日にかけて明・朝鮮軍が水陸から順天倭城を攻撃したが、これを撃退する(順天の戦い)。この戦いに先立つ事8月18日、既に秀吉は逝去していたが、このことは在朝鮮日本軍には秘匿されていた。10月15日、五大老の名において在朝鮮日本軍に撤退命令が出され、朝鮮より撤退する事となったが、小西軍に属していた五島勢は共に明水軍・朝鮮水軍の海上封鎖を受けて撤退を阻害された。五島勢を含む小西軍を救うため、島津義弘、宗義智、立花宗茂、高橋統増、寺沢広高は水軍を編成し救援に赴く。島津らの救援水軍に明・朝鮮の水軍が攻撃に向かって露梁海戦が起きたため、封鎖が解けた隙をついて五島勢を含む小西軍の船団脱出が成功したため朝鮮出兵も終息した。この戦役を通じて五島勢と島津勢は極めて親しく付き合い、島津勢がたびたび五島勢に加勢して戦ったという。

系譜[編集]

太線は実子、二重線は養子。

宇久盛定
 ┏┻━━━━━━━━━━━━━━┓
純定              盛重
 ┣━━┳━━━┳━━━━┓   ┃
民部 純尭 五島定実 五島玄雅 盛長
    ┃    ┏━━┫└──┐┃
  五島純玄  玄宗 玄義  五島盛利
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━┫
盛次              盛清
 ┃               ┃
盛勝              盛朗
 ┣━━━┳━━━━┳━━━┓  ┃
盛暢 奥平昌章 日向正竹 盛延   ┃
 ┃       ┏━━━┳━━━╋━━━┓
 ┃      盛尚 内藤種丈 盛純 長谷川貞暁
 ┣━━━┓   ┗━━━━━━━━┳━━┓
盛佳 本多成興          盛峰 盛幸
 ┃                ∥
盛道               盛恭
 ┣━━┳━━┳━━┓       ┃
盛義 盛運 道高 盛恭      運龍
 ┣━━━┳━━━┳━━┓     ∥
盛繁 青方運善 運広 運綱    盛貫
 ┣━━━┳━━━┳━━┓     ∥
盛成 松平近章 盛保 忠泰    盛明
 ┃       ┃            ∥
盛徳     牧野忠泰        基民
 ┃                ┃
盛主               聰千代
 ∥
盛光
 ┣━━━┓
盛輝   盛寛
 ∥
典昭(現当主、元・五島市観光協会会長)

渡辺氏説等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 太田 1934, p. 2319.
  2. ^ 二月二十一日付朱印状(立花文書他)
  3. ^ 始自子夜, 天明乃罷, 而賊丸如雨, 死傷甚衆, 無一人抵城者。『朝鮮王朝実録・宣祖実録』
  4. ^ 鎬不及下令,策馬西奔,諸軍皆潰。遂撤兵還王京,士卒物故者二萬『明史・朝鮮伝』

参考文献[編集]

  • オープンアクセス太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「五島 ゴタウ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2319-2320頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/253 国立国会図書館デジタルコレクション