五日町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五日町駅
駅舎(2018年7月)
駅舎(2018年7月)
いつかまち
Itsukamachi
六日町 (6.6km)
(5.5km) 浦佐
所在地 新潟県南魚沼市五日町
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 上越線
キロ程 118.4km(高崎起点)
電報略号 イマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
237人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1923年大正12年)11月18日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

五日町駅(いつかまちえき)は、新潟県南魚沼市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)上越線である。

概要[編集]

近隣にスキー場などを有する五日町地区に所在する。

越後湯沢駅が統括管理する無人駅で、 2014年6月30日までは有人駅であった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線のホームを有する地上駅で、ホーム間は跨線橋で連絡している。

かつては1番線と3番線の間に2番線の中線があったが、現在は廃止されている。

駅構内にはボタン式簡易自動券売機・自動販売機・屋内待合室などが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 上越線 下り 小出長岡方面
3 上り 六日町越後湯沢方面

有人駅時代[編集]

浦佐駅が統括管理する業務委託駅で、マルス端末はないがPOS端末が設置されていた。窓口と有人改札口・タッチパネル式自動券売機が設置されていた。

貨物取扱[編集]

JR貨物の駅は2018年現在、臨時車扱貨物の取扱駅となっており定期貨物列車の発着はなくなっている。

駅構内の東側(裏側)にセメントターミナル五日町営業所が、駅北側には住友大阪セメント五日町サービスステーションが設置され、それぞれの専用線を利用して青海駅からセメント輸送が行われていたが、前者は2006年平成18年)に、後者は2001年(平成13年)3月に廃止された。

1997年(平成9年)3月までは、セメントターミナル五日町営業所の斜め向かいにあった日本石油五日町油槽所への石油沼垂駅から輸送されていた。現在は2区画に分割され地元企業等の工場になっている。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2000年度(平成12年度)- 2013年度(平成25年度)の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりであった。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 351 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 364 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 351 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 311 [利用客数 4]
2004年(平成16年) 276 [利用客数 5]
2005年(平成17年) 269 [利用客数 6]
2006年(平成18年) 267 [利用客数 7]
2007年(平成19年) 265 [利用客数 8]
2008年(平成20年) 265 [利用客数 9]
2009年(平成21年) 257 [利用客数 10]
2010年(平成22年) 240 [利用客数 11]
2011年(平成23年) 244 [利用客数 12]
2012年(平成24年) 227 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 237 [利用客数 14]

駅周辺[編集]

周辺には住友大阪セメントの五日町サービスステーションや五日町スキー場、教育機関が若干数所在する。

当駅周辺は三国街道の五日町宿となっていた。

バス路線[編集]

当駅周辺を含む南越後観光バスの路線図

越後交通グループの南越後観光バスが運行する路線バス、および南魚沼市のコミュニティバス「市民バス」が当駅周辺を経由する。

  • MU 六日町=野田=五日町=大崎=浦佐 線[2]
    当駅前の「五日町駅前」(MU18)が最寄りバス停となる。
  • MK 六日町=浦佐=小出 線[2]
    駅から500mほど西の国道17号沿いに位置する「五日町」(MK18)が最寄りバス停となる。
  • <市民バス> 大巻・泉コース
    当駅前の「五日町駅角」が最寄りバス停となる[3]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
上越線
六日町駅 - 五日町駅 - 浦佐駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 建物財産表に準拠

出典[編集]

  1. ^ 駅の情報(五日町駅):JR東日本” (日本語). www.jreast.co.jp. 2018年9月10日閲覧。
  2. ^ a b 湯沢・六日町地区 - 南越後観光バス.2018年11月10日閲覧。
  3. ^ 市民バス 大巻・泉コース - 南魚沼市.2018年11月10日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月12日閲覧。

関連項目[編集]