五明樓玉の輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五明樓(ごめいろう) (たま)(すけ)
本名 鈴木 隆司
生年月日 (1966-01-04) 1966年1月4日(53歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
師匠 春風亭小朝
名跡 1. 春風亭あさ市(1985年 - 1998年)
2. 五明樓玉の輔(1998年 - )
出囃子 お猿のかごや
活動期間 1985年 -
所属 落語協会
公式サイト 噺家の手ぬぐい(公式ウェブサイト)
備考
落語協会理事

五明樓 玉の輔(ごめいろう たまのすけ、1966年1月4日 - )は、神奈川県横浜市出身の落語家。社団法人落語協会理事(2008年から)。本名は鈴木 隆司。出囃子は『お猿のかごや』。

なお過去に5代まで続いている五明楼玉輔名跡があり、過去に八光堂玉の輔、五明樓玉の助を名乗った人物についても下記にて詳述する。

芸歴[編集]

  • 1985年4月 - 春風亭小朝に入門。前座名は「春風亭あさ市」。
  • 1989年5月 - あさ市のまま二つ目に昇進。
  • 1998年10月 - 真打昇進。五明樓玉の輔と改名。
    • 昭和初期から途絶えていた名跡の表記を変えて継いだ形となっている。なお、五明楼玉輔から数えると6代目となる。

笑点Jr.メンバーとして[編集]

笑点の番組前半に若手大喜利が行われていた時代から『笑点Jr.』放送終了まで出演している(若手大喜利に出演し始めたころはまだ真打昇進前で春風亭あさ市の名であった)。

座る席は一番右で高座着はスカイブルーと4代目三遊亭小圓遊を彷彿とさせるが、「ぶらりぃ~」男性器を連想させるポーズをとったり、下ネタを披露したりなど、キャラクターは小圓遊というよりも三遊亭小遊三に近い。

2010年8月8日の放送では、右足を骨折していたため、松葉杖を持って出演した。完治後の2010年9月13日の放送の挨拶で「骨折したのは右足なのにウィキペディアに「両足骨折」と書かれていて少し心が折れた」と発言している(これは本当の話である)。

出演番組[編集]

ほとんどは過去に出演した番組である。

書籍[編集]

過去の玉の輔(玉の助)[編集]

八光堂玉の輔[編集]

かつて初代八光堂春輔(本名:宮沢春輔)が、八光堂玉の輔を名乗ったことがある。

五明樓玉の助[編集]

五明樓(ごめいろう) (たま)(すけ)
本名 原 正治
生年月日 1905年4月13日
没年月日 (1978-12-05) 1978年12月5日(73歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目五明樓玉輔
名跡 1. 五明樓小玉(1917年 - 1921年)
2. 五明樓玉の助(1921年 - 1927年)
3. 柳家金之助(1927年 - ?)
4. 柳家春朗(? - 1935年)
5. 五明樓玉の助(1935年 - ?)
活動期間 1917年 - ?
家族 4代目五明樓玉輔(父)

五明樓 玉の助(ごめいろう たまのすけ、1905年4月13日 - 1978年12月5日)本名は原正治。父は4代目五明樓玉輔。12、3歳の時から父の元で小玉を名乗って修行していた。1921年ころ?に玉の助と改名、色物の巴家おもちゃに手解きを受け紙切りの修行をしていたがあまり成果出ず、1927年3月柳家金語樓の門下で金之助、春朗、1935年ころ?に玉の助(玉之輔)に復した。大戦中に廃業し淀橋で洋食店を営んでいた。

参考文献[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X
  • 古今東西噺家紳士録