五月のバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

五月のバラ(ごがつのばら)は、津川晃の楽曲である。作詞:なかにし礼、作曲・編曲:川口真[1]1970年4月、再デビュー2枚目のシングルとしてエキスプレスより発売。規格品番はEP-1213[2]

概要[編集]

1960年代、日本で活躍したカヴァーポップス歌手フランツ・フリーデルが、1969年に津川晃と改名し再デビュー。歌謡曲のジャンルでレコードリリースするようになり、そのシングル第2弾として1970年4月にリリースされた。

1972年ブレンダ・リーの来日の際には「思い出のバラ(Omoide no Bara)」としてシングルリリースされた。

1973年尾崎紀世彦のアルバムに収録されたことで楽曲が知られるようになる[1]1977年5月に『サウンド・イン"S"』出演した際には「五月のバラ」を歌唱[3]。ブレンダ・リーも、7月に『ビッグショー』で「思い出のバラ」を披露している[4]。同年には、数名の歌手による競作曲としてリリースされた。

2008年にヒットした秋川雅史のアルバムにも同楽曲が収められるなど、スタンダード・ナンバーとして様々なジャンルの歌手によってカヴァーされている。

津川晃のシングル収録曲[編集]

  1. 五月のバラ
  2. 愛の嵐

カヴァーした歌手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ドコモ団塊倶楽部 弘兼憲史富澤一誠出演「五月のバラ/尾崎紀世彦」オリジナルはフランツ・フリーデル - 文化放送 2010年5月1日 放送の要約
  2. ^ レコード・ジャケットに記載。
  3. ^ TBSサウンド・イン"S"』尾崎紀世彦出演 - 1977年5月22日放送
  4. ^ NHKビッグショー』ブレンダ・リー出演 - 1977年7月17日放送