五条庸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「清光院殿浄心信敬尊儀」と刻まれた供養塔(上部は別の宝篋印塔の一部に置き換わっている) - 本能寺(京都)

五条庸子(ごじょう ようこ、1660年5月27日万治3年4月19日) - 1683年9月25日天和3年8月5日)は、江戸時代前期の女官である。霊元天皇掌侍正二位権大納言五条為庸の娘。母は右衛門尉南部宣行の娘。見性院宮(三宮、円満院)・一品尭延法親王(六宮[* 1]周慶親王、後に天台座主[* 2][1])・台嶺院宮の母[2]五条家菅原氏であるため、菅原庸子とも表記される。

経歴[編集]

幼名屋津子。十代半ばで出仕した当初(1675年8月25日(延宝3年7月5日)以前)は新内侍と呼ばれ、菅内侍あるいは菅内侍局を経て、1677年9月3日(延宝5年8月7日)以降は少将内侍と呼ばれた[* 3]。3皇子を産むが尭延法親王以外は夭逝。1683年死去。享年24。本能寺に葬られる。号宝樹院浄心[* 4]

逸話[編集]

同腹の妹である経子も霊元天皇の後宮に入っており、中納言典侍の女房名を持っている。庸子を菅中納言局とする史料、経子を菅中納言局とする史料の両方が存在する。このため、史料上混同[* 5]を生じやすい。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「六宮」と呼ばれているが、一般には第五皇子とされる。
  2. ^ 第189代。191代と193代にも再任。
  3. ^ 「始少将内侍」として後に「菅中納言局」とする史料もある。
  4. ^ 本能寺境内にある「菅中納言局庸子の石塔」には、戒名を「清光院殿浄心信敬尊儀」とする。ただし、石塔に付された説明板からは、同寺の所伝が五条庸子と五条経子の混同または同一視(1690年生の性応法親王を庸子が産んだ皇子とする等)が窺え、注意を要する。
  5. ^ 経子の産んだ正宮(作宮)について、「母中納言局 五条為庸女庸子」と注記された例がある。

出典[編集]

  1. ^ What's 天台宗 - 天台座主”. 日本天台宗系譜並座主歴代. 天台宗 (2008年2月1日). 2011年12月16日閲覧。
  2. ^ 『霊元天皇実録』

参考文献[編集]

  • 宮内省図書寮 編 『霊元天皇実録』 1~3巻 (天皇皇族実録 109~111) 2005年12月 ゆまに書房 ISBN 978-4843320310
  • 志村有弘 編 『天皇皇族歴史伝説大事典』 2008年12月25日 勉誠出版 ISBN 978-4585060635

関連項目[編集]