五社之祠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五社之祠
Gosha no hokora.jpg
所在地 富山県高岡市戸出市野瀬
位置 北緯36度41分51.4秒
東経136度59分17.3秒
座標: 北緯36度41分51.4秒 東経136度59分17.3秒
主祭神 水波能売神、軻遇突智命、埴山姫命、久久能智神、金山彦神
神体 石像
テンプレートを表示

五社之祠(ごしゃのほこら)は、富山県高岡市戸出市野瀬にある神社である。市野瀬の天満宮の末社[1]。五社之社[1][2]、五社之宮[3]、五社の宮[4]とも。

祭神[編集]

歴史[編集]

創立年月等は不詳[1]。御神体は川へ流れてきた神様とされ、「川へ流れてこられたから神様が寒いだろう」として祭りで火を焚いて神を祀る奇習がある[2][4]。江戸末期に夢のお告げによって五体の神のうち三体を氷見の山手[5]へ移したとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 富山県神社庁『富山県神社誌』、1983年、526頁。
  2. ^ a b c 高岡市戸出町史編纂委員会 1972, p. 1296.
  3. ^ a b c d e f 高岡市戸出町史編纂委員会 1972, p. 1287.
  4. ^ a b 高岡市戸出町史編纂委員会 1972, p. 1388.
  5. ^ 場所は不詳。

参考文献[編集]

  • 『戸出町史』高岡市戸出町史編纂委員会、高岡市戸出町史刊行委員会、1972年。