五老内町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 福島県 > 福島市 > 五老内町
五老内町
—  町丁  —
五老内町の位置(福島県内)
五老内町
五老内町
五老内町の位置
座標: 北緯37度45分36.68秒 東経140度28分32.74秒 / 北緯37.7601889度 東経140.4757611度 / 37.7601889; 140.4757611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Fukushima Prefecture.svg 福島県
市町村 Flag of Fukushima, Fukushima.svg 福島市
人口 (2017年(平成29年)6月30日現在)[1]
 - 計 145人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 960-8111[2]
市外局番 024[3]
ナンバープレート 福島

五老内町(ごろううちまち)は、福島県福島市地名で、市の本庁所管にあたる中央地域内である。

概要[編集]

福島市街地の北東端に位置し、福島市役所が所在する[4]

1937年昭和12年)に廃止された大字腰浜の一部であり、この大字腰浜は信夫郡腰浜村の流れを汲む[4]。そのため正確には、福島旧市内(信夫郡福島町)には含まれない。

杉妻町の初代市庁舎が火災により消失した事件を期に、市街地の一等地から市街地の外部であった五老内町に広い土地を取得。これが現在までに至る五老内町を形成していった。

町名の由来は旧腰浜村のに存在した字名を継承して名付けられたことが由来。

歴史[編集]

腰浜村の中西部に位置し奥州街道の西側沿いのエリアであった。五老内町の範囲は、腰浜村柳ノ町前、五老内、谷地、中谷地、東谷地の各一部が該当する。

「五老内」とは腰浜村の時代から存在した字名で、五老内、南五老内、東五老内、五老内北、五老内西、5つの字名が存在した。現在の五老内町、北五老内町、浜田町、桜木町が該当する。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)6月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
五老内町 76世帯 145人

交通[編集]

道路

施設[編集]

画像一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 統計情報 住民基本台帳人口(平成29年)” (日本語). 福島市 (2017年7月7日). 2017年7月23日閲覧。
  2. ^ 郵便番号[1]
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b 『角川日本地名大辞典 7 福島県』

関連項目[編集]

  • 福島警察署 - 同町周辺の管轄にあたる。(所在地:福島市上町)
  • 福島消防署 - 同町周辺の管轄にあたる。(所在地:福島市天神町)