五色沼 (仙台市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台城三の丸土塁跡と五色沼(2003年11月)
反対側から。冬(2005年1月)

五色沼(ごしきぬま)は、仙台市都心部の西端にある青葉山公園内にある仙台城をめぐるの一部で、仙台城三の丸地図)の北面から大手門隅櫓地図)の前にかけて広がる。

日本のフィギュアスケート発祥の地とされる(後述)。

概要[編集]

青葉山本丸を置く山城仙台城は、山麓の広瀬川河岸段丘に二の丸(現・東北大学川内キャンパス)と三の丸(現・仙台市博物館)がある。この三の丸を造営する際、広瀬川の後背湿地を割り、掘った土で土塁を築いて三の丸を囲んだ。後に、三の丸の北面のは「五色沼」(地図)、東面のそれは「長沼」(地図)と呼ばれるようになった。

大手門を挟んで北側にある二の丸をめぐる堀もあったが、そちらは陸軍の駐屯地になったときなくなった。三の丸の二つの堀だけが現在も残る。

現在の五色沼は、池の南に三の丸の土塁が接している。木々が生え、秋になると紅葉する。

フィギュアスケート[編集]

五色沼が造られた江戸時代小氷期にあたり、少なくとも戦前までは現在よりも気温が低かったため、冬期に五色沼は凍結していた(参照)。そのため、五色沼は仙台市のスケートの中心地として賑わった。現在は、厳冬期に一部に薄氷が張るものの、人がのるには不充分であり、スケートをすることは出来ない。

歴史[編集]

明治以降、日本各地にスケートが伝わったが、五色沼では、

とある。このような経緯から、五色沼は「日本フィギュアスケート発祥の地」とされる[1][2][3]。これを記念して五色沼のほとりに「日本フィギュアスケート発祥の地」の碑があり、男女ペアスケーターのブロンズ像(作品名『無限への軌跡』、作者翁ひろみ[4])がある[5]

画像外部リンク
仙台スケート会 / 1912年(明治45年) 第二高等学校

ウィルヘルにフィギュアスケートを習った二高生の田代三郎・佐藤幸三・河久保子朗らは、彼らの後輩を含めて各地で普及に努め、日本スケート界の功労者といわれた[6][7]

大会実績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仙台市シティセールス情報館 Archived 2008年11月1日, at the Wayback Machine.(仙台市)
  2. ^ フィギュア三都物語@仙台(上) 指導者が泣いた日 / 「最高のプレゼント」(中日新聞 2013年8月27日)
  3. ^ 黄金世代が出陣 三都の絆、ソチに結集産経新聞 2014年2月14日)
  4. ^ 無限への軌跡 ●仙台造形マップ(全市)
  5. ^ 憂楽帳:フィギュア発祥の地 毎日新聞 2014年01月08日12時53分(最終更新 01月08日12時53分)
  6. ^ 宮城県中学生の体育資料 2012 p.4 (PDF) (開隆堂)
  7. ^ 65. 日本フィギュア・スケート発祥の地 『要説 宮城の郷土史』 p.146 (PDF)仙台市民図書館せんだいメディアテーク

関連項目[編集]