五辻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
五辻家
家紋
ささりんどう
笹竜胆
本姓 源氏(宇多源氏)同祖
家祖 源時方
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
支流、分家 慈光寺家半家
西五辻家(奈良華族
三木家地下家
春日家(地下家)
凡例 / Category:日本の氏族

五辻家(いつつじけ)は、半家の家格を持つ公家堂上家)。家系宇多源氏庭田同祖。源時方(ときまさ)を祖とし、鎌倉時代初期の五辻仲兼以降に五辻家を称する。極官従二位非参議。家業は神楽旧家江戸時代の家禄は200。居所は西殿町北側。菩提寺は洛東西方寺

家祖の時方は左大臣源雅信の子だが、五位少将まで昇進するも若くして卒去。その後、子孫は受領となり代々五位止まりであった。 鎌倉時代初期の仲兼は四ヶ国の国司を務め従四位上まで昇進し、この頃より五辻の家号を称するようになった。 仲兼以降は蔵人北面武士を務める地下家だったが、室町時代末期の天文7年(1538年)に五辻諸仲が従三位に叙せられて、堂上家に加わる。

明治維新後、安仲子爵に叙せられた。

支流に、明治維新後興福寺明王院住職から還俗した文仲が興した奈良華族の西五辻家、仲兼の孫・仲清を祖とする慈光寺家及び、その庶流の中川家(二条家諸大夫)・三木家(伏見宮家諸大夫)、時方の玄孫にあたる仲親の子・仲康を祖とする春日家久我家諸大夫)がある。


系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の五辻家領は以下の通り。(7村・199石5斗8升7合5勺)

  • 山城国葛野郡西八条村のうち - 8石1斗8升4合
  • 山城国葛野郡東寺廻りのうち - 46石3斗7升9合
  • 山城国葛野郡七八条村のうち - 3石7斗6升1合
  • 山城国葛野郡朱雀村のうち - 5斗2升3合
  • 山城国葛野郡下山田村のうち - 4石6斗8升9合5勺
  • 山城国乙訓郡鶏冠井村のうち - 50石
  • 山城国乙訓郡下植野村のうち - 86石5升1合

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大炊御門宗氏の息。
  2. ^ 庭田経有の息。
  3. ^ 滋野井季国の2男。
  4. ^ 滋野井季吉の4男。
  5. ^ 滋野井教広の2男。
  6. ^ 葛岡宣慶の2男。
  7. ^ 庭田重能の3男。
  8. ^ 大原重成の6男。

参考文献[編集]