五野井隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五野井隆史
ごのい たかし
生誕 日本の旗 日本北海道えりも町
国籍 日本の旗 日本
研究分野 宗教史
キリシタン
出身校 上智大学(学士・修士)
九州大学(博士)
プロジェクト:人物伝

五野井隆史(ごのい たかし、1941年6月11日[1]- )は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。 北海道えりも町生まれ。キリシタン史が専門。

略歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

  • 『徳川初期キリシタン史研究』吉川弘文館 1983
  • 『日本キリスト教史』吉川弘文館 1990
  • ペトロ岐部カスイ』大分県教育委員会 1997 のち教文館 2008
  • 『日本キリシタン史の研究』吉川弘文館 2002
  • 支倉常長』吉川弘文館(人物叢書)2003
  • 『大航海時代と日本』渡辺出版 2003
  • 『キリシタンの文化』吉川弘文館、2012 
  • 島原の乱とキリシタン』敗者の日本史 吉川弘文館 2014
  • 『キリシタン信仰史の研究』吉川弘文館 2017

共著[編集]

監修[編集]

  • 『旅する長崎学』全4巻 長崎県 企画, デ・ルカ・レンゾ,片岡瑠美子共監修, 長崎文献社 編. 長崎文献社, 2006
  • 『う〜こんどのと歩く高山右近ガイドブック』監修. 女子パウロ会 2016

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』