五関晃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ごせき こういち
五関 晃一
生年月日 (1985-06-17) 1985年6月17日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 165 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 アイドルタレント俳優歌手振付師
ジャンル 舞台、音楽番組
活動内容 俳優、歌手
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny’s net > A.B.C-Z
主な作品
舞台
『「ファウスト」〜最後の聖戦〜』
備考
A.B.C-Zのメンバー
テンプレートを表示

五関 晃一(ごせき こういち[2]1985年6月17日[2] - )は、日本アイドル歌手俳優タレントで、男性アイドルグループA.B.C-Zのメンバー[2]

東京都出身。ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

1998年6月20日にジャニーズ事務所へ入所し[3]、ジャニーズJr.として活動を始める。同年、ジャニーズJr.内ユニット・B.B.A.に所属し[4]2001年からはA.B.C.のメンバーとして活動する[5]2008年からはA.B.C-Zと名前を変え、2012年2月1日にDVDデビューする。

2019年手塚治虫原作の舞台『奇子』で単独初主演を務める[6]

人物[編集]

「ダンス番長」とも言われ、昔から厳しい振付師にも怒られない数少ないジャニーズJr.だったというエピソードをもつ[7]2015年にはメンバーにも内緒で渡米し、ニューヨークでダンスレッスンを受けた[8]。振付を担当し、グループの公演だけでなく、2015年から橋本良亮のソロ公演[9]、先輩である滝沢秀明のディナーショー[10]滝沢歌舞伎など自分がプレイヤーとして出演しないステージの振付も手掛けている。

ジャニーズ1という程のゲーム好き[11]。2021年4月からはeスポーツ番組『eGG』にもレギュラー出演する[11]

出演[編集]

個人での出演のみ記述。ユニットとしての出演はB.B.A.A.B.C-Z#出演を参照。

※主演作品は太字表記

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • Johnny's Summer Concert(1998年7月29日 - 8月31日、横浜アリーナ・大阪城ホール)[16]
  • Johnny's Winter Concert(1998年12月27日 - 1999年1月6日、横浜アリーナ・大阪城ホール)[16]
  • ジャニーズJr.特急〈10.9〉投球〈10.9〉コンサート 10月9日東京ドームに大集合!!(1999年10月9日、東京ドーム)[24]
  • ジャニーズJr. Spring Concert 2000(2000年4月3日 - 5月7日、横浜アリーナ・大阪城ホール・名古屋レインボーホール)[12]
  • ジャニーズJr. 〈東・阪・名〉3大ドームコンサート(2000年9月3日 - 10月15日、東京ドーム・大阪ドーム・ナゴヤドーム)[12]

イベント[編集]

  • 第80回全国高等野球選手権記念大会 プレイベント(1998年8月6日、阪神甲子園球場)[16]

作品[編集]

ソロ曲[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「五関晃一」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

CD収録曲
  • We're Fighters(作詞:Komei Kobayashi、作曲:Steven Lee、セバスチャン・トット、Didrik Thott、Andreas Stone Johansson) - JASRAC作品コード:7C3-2765-4。『A.B.Sea Market』収録。
  • To Night's Love(作詞・作曲:川崎里実) - JASRAC作品コード:715-3846-1。『ABC STAR LINE』収録。
  • Mr. Dream(作詞・作曲:ヒロイズム、ファンタジ) - JASRACコード:717-7629-0。『5 Performer-Z』収録。
CD未収録曲
  • Break out(作詞・作曲:山田竜平) - JASRAC作品コード:188-6045-1(A.B.C-Z名義曲)。ライブDVD『A.B.C-Z 2013 Twinkle×2 Star Tour』収録。

振付[編集]

公演
  • Johnnys' Summer Paradise 2017「橋本ソロ充観とく?〜りょうちゃんとぱ☆り☆ぴ☆〜」(2017年)[25]
  • 座・ALISA Reading Concert「12月25日、雪」〜天国と地獄〜(2017年)[23]
  • 滝沢歌舞伎 2018(2018年)
    • 「Thousand Suns」[26][27]
    • 「いにしえ〜Night&Day〜」[27]
    • 「変面」[27]
  • 滝沢歌舞伎ZERO(2019年)[28]
映画

脚注[編集]

  1. ^ A.B.C-Zカレンダー 2016.4-2017.3(学研プラス 2016/3/9)
  2. ^ a b c d Johnny's net >A.B.C.-Z > Profile”. ジャニーズ事務所. 2013年3月29日閲覧。
  3. ^ 「笑ゲキ!僕らのジャニーズ裏伝説」『ポポロ』2013年11月号、麻布台出版社、 132頁。
  4. ^ 「Futuristic」『Winkup』1998年11月号、ワニブックス、1998年、 80頁。
  5. ^ “「A.B.C-Z」が日生公演!ジャニー愛で初座長”. スポーツ報知. (2011年11月7日). オリジナルの2011年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123015231/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20111107-OHT1T00031.htm 2019年2月4日閲覧。 
  6. ^ a b A.B.C-Zの五関晃一、単独初主演で生と性の物語に挑む 手塚治虫原作の『奇子(あやこ)』が初舞台化”. SPICE. イープラス (2019年3月25日). 2019年3月25日閲覧。
  7. ^ 「ジャニーズ1のアクロバティックパフォーマー A.B.C-Zが教えるジャニーズライブの極意」『日経エンタテインメント!』2016年8月号 vol.233、日経BP社、2016年7月4日、 90-92頁。
  8. ^ 「5周年から、もう一度」『日経エンタテインメント!』第240巻2017年3月号、日経BP社、2017年2月3日、 64-67頁。
  9. ^ 「晩夏のキーワード A.B.C-Z 15PIECES」『duet』2015年10月号、ホーム社、 66頁。
  10. ^ “A.B.C-Z五関、タッキー魂の継承誓う「学んできたものを後輩に」”. SANSPO.COM. (2018年10月7日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181007/joh18100705040002-n1.html 2019年3月25日閲覧。 
  11. ^ a b c “ジャニーズイチのゲーム好き”A.B.C-Z五関晃一、eスポーツ番組レギュラーに”. マイナビニュース. マイナビ (2021年4月12日). 2021年4月15日閲覧。
  12. ^ a b c d e Biography(A.B.C-Z)2000”. 2021年1月20日閲覧。
  13. ^ 登場人物紹介”. ぼくらのショウタイム. メ〜テレ (2019年). 2019年2月17日閲覧。
  14. ^ A.B.C-Z五関晃一、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と映像作品初共演〈やめるときも、すこやかなるときも〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年12月10日). 2019年12月11日閲覧。
  15. ^ キャスト&スタッフ | ワンモア - 名古屋テレビ【メ~テレ】”. www.nagoyatv.com. 2021年5月13日閲覧。
  16. ^ a b c d e Biography(A.B.C-Z)1998”. 2021年1月20日閲覧。
  17. ^ a b Biography(A.B.C-Z)2001”. 2021年1月20日閲覧。
  18. ^ A.B.C-Z河合郁人&五関晃一、三田佳子ら出演で手塚治虫の「ファウスト」をミュージカル化”. シアターガイド (2014年4月24日). 2018年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧。
  19. ^ A.B.C-Z・河合&五関、以心伝心ぶり明かす「通じ合いすぎて…」”. ORICON STYLE (2015年7月10日). 2016年7月24日閲覧。
  20. ^ “ロミジュリ誕生秘話描く「シェイクスピア物語」に観月ありさ、A.B.C-Z五関晃一”. ステージナタリー. (2016年11月13日). http://natalie.mu/stage/news/209169 2016年11月14日閲覧。 
  21. ^ A.B.C-Z 五関晃一「キュンキュンさせたい」舞台『シェイクスピア物語』明日開幕!”. TV LIFE (2016年12月22日). 2017年1月5日閲覧。
  22. ^ 観月ありさのリーディングコンサートにA.B.C-Z五関晃一&湖月わたる”. ステージナタリー (2017年4月18日). 2017年5月17日閲覧。
  23. ^ a b A.B.C-Z五関晃一、観月ありさプロデュース旗揚げ公演に出演 振り付けも担当”. モデルプレス (2017年11月21日). 2018年2月25日閲覧。
  24. ^ Biography(A.B.C-Z)1999”. 2021年1月20日閲覧。
  25. ^ 橋本良亮、「ぱ☆り☆ぴ☆」なソロ公演も「不安なので真剣」 ゲスト五関晃一は渋谷すばるの“代打”?”. エンタメOVO. 共同通信社 (2017年8月25日). 2021年2月23日閲覧。
  26. ^ 「劇レポ!滝沢歌舞伎2018」『STAGE SQUARE』第32巻、日之出出版、2018年4月26日、 112-121頁。
  27. ^ a b c 「ゆるぎない『滝沢歌舞伎』の世界観 愛に溢れたショーで新たな色合いを魅せる」『BEST STAGE』第117巻2018年6月号、音楽と人、2018年4月26日、 88-98頁。
  28. ^ a b 「滝沢歌舞伎 ZERO」振付担当の「A.B.C-Z」五関晃一が「Snow Man」の魅力を語る!”. 映画.com (2020年11月17日). 2021年2月23日閲覧。