五霞インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五霞インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 C4 首都圏中央連絡自動車道
IC番号 72
料金所番号 04-080
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0004.svg 五霞 古河
起点からの距離 118.5 km(茅ヶ崎JCT起点)
幸手IC (4.2 km)
(6.9 km) 境古河IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号新4号国道春日部古河バイパス)
供用開始日 2015年(平成27年)3月29日[1][2]
通行台数 x台/日
所在地 306-0304
茨城県猿島郡五霞町大字幸主
テンプレートを表示

五霞インターチェンジ (ごかインターチェンジ)は、茨城県猿島郡五霞町大字幸主にある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のインターチェンジである。

歴史[編集]

建設前の予定地付近(国道4号線バイパス上)2009年11月

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

C4 首都圏中央連絡自動車道
(71)幸手IC - (72)五霞IC - (73)境古河IC

脚注[編集]

  1. ^ a b “圏央道・久喜白岡―境古河が開通 幸手で式典”. 埼玉新聞(埼玉新聞社). (2015年3月30日)
  2. ^ a b “圏央道 境古河―久喜白岡が開通”. 読売新聞(読売新聞社). (2015年3月30日)
  3. ^ 首都圏中央連絡自動車道の関越道から東関東道間のインターチェンジの名称が全て決定しました 国土交通省 関東地方整備局・東日本高速道路株式会社 関東支社 2013年12月24日付
  4. ^ 圏央道久喜白岡JCT〜境古河IC間が3月29日15時に開通します。(第2報)”. 東日本株式会社 (2015年3月20日). 2017年1月9日閲覧。
  5. ^ 関東地方整備局, 国土交通省. “3月24日実験開始 「道の駅」が高速道路の立寄り施設に ~道の駅「ごか」、「保田小学校」、「しらね」への一時退出~ | 記者発表 | 国土交通省 関東地方整備局” (日本語). www.ktr.mlit.go.jp. 2018年5月2日閲覧。
  6. ^ “新4号国道で唯一の春日部古河バイパスの2車線区間が4車線で開通します。 平成27年3月26日(木)〜27日(金)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局 北首都国道事務所、宇都宮国道事務所, (2015年3月20日), http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000620018.pdf 2017年1月9日閲覧。 

関連項目[編集]