井上はるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pix.gif 井上 はるか
Haruka Inoue
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1990-06-28) 1990年6月28日(28歳)
コーチ: 濱田美栄田村岳斗[1][2]
振付師: 濱田美栄、宮本賢二[1][2]
元振付師: トム・ディクソン[1][2]
所属クラブ: 同志社大学
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 131.04 2005 JGPバルト杯
ショートプログラム: 44.03 2005 JGPバルト杯
フリースケーティング: 87.01 2005 JGPバルト杯

井上 はるか(いのうえ はるか、ラテン文字:Haruka Inoue、1990年6月28日[1] - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル)。2005年JGPバルト杯優勝。

経歴[編集]

2005-2006シーズン、日本スケート連盟のジュニア強化選手に指定され[2]ISUジュニアグランプリ (JGP) に参戦。2戦目のJGPバルト杯で優勝した。2006-2007シーズンもJGPに出場したが、全日本ジュニア選手権では21位に沈み、翌2007-2008シーズンはJGPに派遣されなかった。2008-2009シーズンからシニアに上がり、全日本選手権に出場した。

主な戦績[編集]

大会/年 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11
全日本選手権 18 28[3] 30
全日本Jr.選手権 25 14 12 21 16
JGPメキシコ杯 5
JGPバルト杯 1
JGPスケートスロバキア 6

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年12月24日-27日 第79回全日本フィギュアスケート選手権長野 30
36.64
- 30
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月26日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権門真市 28
37.08
- 28[3]


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 20
38.28
15
77.28
18
115.56


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2007年11月24日-25日 第76回全日本フィギュアスケートジュニア選手権仙台市 8
42.10
19
65.27
16
107.37


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2006年11月25日-26日 第75回全日本フィギュアスケートジュニア選手権広島市 13
38.62
21
59.47
21
98.09
2006年9月14日-17日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯(メキシコシティ 3
40.12
6
58.40
5
98.52


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2005年12月10日-11日 第74回全日本フィギュアスケートジュニア選手権長野市 10
41.32
13
71.70
12
113.02
2005年10月13日-16日 ISUジュニアグランプリ バルト杯(グダニスク 5
44.03
1
87.01
1
131.04
2005年9月1日-4日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキア(ブラチスラヴァ 5
43.81
6
77.02
6
120.83


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大阪市 9
40.41
17
62.30
14
102.71

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2006-2007[2][4] フラメンコ 白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
ハバネラ 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:宮本賢二
2005-2006[1] 映画『ラストエンペラー』サウンドトラック 瀕死の白鳥
作曲:カミーユ・サン=サーンス
-

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.24
  2. ^ a b c d e 「もっと知りたいNew Face 第1回 井上はるか」『フィギュアスケートDays vol.1』DAI-X出版、2006年11月、pp.52-53
  3. ^ a b フリースケーティングに進出できず公式順位は付けられていない。ここではショートプログラムの順位を記している。
  4. ^ 「Turning Point Interview 宮本賢二」『フィギュアスケートDays vol.1』DAI-X出版、2006年11月、pp.80-82