井上亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 亮太 Football pictogram.svg
名前
愛称 りょーた[1][2]
カタカナ イノウエ リョウタ
ラテン文字 INOUE Ryota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-04-26) 1990年4月26日(28歳)
出身地 東京都中野区[3][4]
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガイナーレ鳥取
ポジション GK
背番号 21
利き足 右足[1][2]
ユース
2006-2008 FC東京U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- ガイナーレ鳥取 21 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

井上 亮太(いのうえ りょうた、1990年4月26日 - )は、東京都中野区出身のプロサッカー選手Jリーグガイナーレ鳥取所属。ポジションは、ゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

3歳でサッカーを始め、小学校3年でGKに転向した[4]。中学・高校生時にはFC東京の下部組織に在籍。先輩の権田修一廣永遼太郎田端信成の壁は厚く[4]、FC東京U-18では3年時まで正GKの座を掴めずにいたが、2008年のクラブユース選手権では、全6試合中5試合を無失点に抑え[5] 優勝に貢献した。同期は山崎侑輝三田啓貴岩渕良太畑尾大翔平野又三藤原広太朗山村佑樹など[3]

2009年、山崎と共に[6]鹿屋体育大学へ進学。2009年と2010年には2年連続で天皇杯に出場。各県代表の出場する1回戦を自らの好セーブで突破し[7]Jリーグクラブとの対戦を経験した。

2013年より、ガイナーレ鳥取に入団[8][6]。2015年にかけて第2GKとしてベンチ入りするようになり、同年の天皇杯鳥取県予選決勝戦で公式戦初出場[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 鹿屋体大 21 - - - 3 0 3 0
2010 17 - - 2 0 2 0
2013 鳥取 29 J2 0 0 - 0 0 0 0
2014 J3 0 0 - 0 0 0 0
2015 0 0 - 0 0 0 0
2016 21 0 0 - 0 0 0 0
2017 7 0 - 0 0 7 0
2018 14 0 - 1 0 15 0
2019 -
通算 日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
日本 J3 21 0 - 1 0 22 0
日本 - - 5 0 5 0
総通算 21 0 0 0 6 0 27 0

タイトル[編集]

FC東京U-15 / FC東京U-15深川
FC東京U-18
鹿屋体育大学
  • 鹿児島県サッカー選手権大会 (天皇杯鹿児島県代表決定戦) (2009年、2010年)
  • KSLカップ (国民体育大会成年男子予選会) (2011年、2012年)
  • 国民体育大会サッカー競技 (2011年)
  • 九州大学サッカーリーグ (2011年)

個人[編集]

  • 九州大学サッカーリーグ ベストディフェンダー賞 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑2015 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)』 三栄書房、2015年、269頁。
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑2016 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)』 三栄書房2016年、288頁。
  3. ^ a b FC東京U−18 選手紹介”. 2008年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月18日閲覧。 FC東京
  4. ^ a b c 【ユース選手紹介(井上亮太)】 東京中日スポーツ (2008年)
  5. ^ 公式記録 adidas CUP 2008 第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 グループリーグ第1日 同第2日 同第3日 準々決勝 準決勝 決勝 (PDF) 日本クラブユースサッカー連盟
  6. ^ a b c 本学学生のJリーグ加入について 鹿屋体育大学 (2013年2月5日)
  7. ^ 鹿屋体育大GK井上亮太(2年) 地元で“魅せた”ビッグセーブ ゲキサカ (2010年9月3日)
  8. ^ 井上 亮太選手(鹿屋体育大学)新加入のお知らせ ガイナーレ鳥取 (2013年2月3日)
  9. ^ 2004年よりU-15からU-15深川に改称。

関連項目[編集]