井上信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

井上 信一(いのうえ しんいち、大正7年(1918年) - 平成12年(2000年2月24日)は日本の銀行家、仏教思想家熊本県出身。元宮崎銀行頭取[1]高千穂商科大学理事[1]。「仏教経済学」を研究[1]

父は内務官僚(元兵庫県警察部長)の井上政信[2]。母は元鉄道大臣小川平吉の長女[2]。叔父井上春成は元工業技術庁長官[2]

略歴[編集]

小学校の五年と六年の時に、両親が続けざまに亡くなる[1]1941年東京帝国大学経済学部卒業、日本銀行に入る[1]1971年同行貯蓄推進部長より宮崎銀行に転じ副頭取、頭取相談役を歴任[1]1983年同行を辞す[1]

仏教経営フォーラム会長、仏教振興財団理事長、地球主義学会会長、高千穂商科大学理事を務める。

[編集]

  • 1998年 - 仏教伝道協会賞

著書[編集]

  • 『現代に生きる親鸞 青年の歎異抄』(実業之世界社、1957年)
  • サラリーマンとその師』(普通社、1961年)
  • 『貯蓄の話』(日本経済新聞社、1969年、後日経文庫
  • 『ストレスの科学と健康』(朝倉書房、1982年)
  • 『若きパイオニアの生と死』(民衆社、1984年)
  • 『歎異抄に生かされて』(鉱脈社、1986年)
  • 『仏教的経営 心と物を活かすリーダーたち』(鈴木出版、1987年)
  • 『歎異抄共に学ぶ人生』( 大蔵出版、1989年→新装版1997年)
  • 『歎異抄・二つの気付き 生かされていることに気付く そのことに気付かぬ自分に気付く』(樹心社、1990年)
  • 『仏教経営学入門 ビジネスを変える すぐれた経営者は、仏の教えを経営にどう生かしたか』(ごま書房、1993年)
  • 『地球を救う経済学 仏教からの提言』(鈴木出版、1994年)
  • "Putting Buddhism to work : a new approach to management and bussiness"(Duncan.Ryuken Williams訳、講談社インターナショナル、1997)
  • 『間に合ってよかった 「二つの気付き」とお念仏』(樹心社、1997年)

翻訳[編集]

  • 『自由と平和への道 アメリカを訪れて』(ジャワハルラール・ネルー著、社会思想研究会出版部、1952年)
  • 『90年代の管理会計』(ジョン・ワイ・リー著、門田安弘共訳、中央経済社、1989年)

参考文献[編集]

  • 『地球を救う経済学 仏教からの提言』(鈴木出版、1994)
  • 辻井清吾「井上信一氏における仏教経済学の構築について」(『印度学仏教学研究』58-1、2009年)、NAID 110007503607
  • 辻井清吾「井上信一様との思い出」(『仏教経済研究』30号、2001年)
  • 安原和雄「仏教経済学の今日的意義 - 井上信一著『地球を救う経済学』を読んで」(『仏教経済研究』30号、2001年)
  • 武井昭「日本のシューマッハー・井上信一先生を偲んで」(『仏教経済研究』30号、2001年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g こころの時代1991年11月17日「仏教と経済」
  2. ^ a b c 佐藤朝泰 著 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 (立風書房 2001年) 448頁