井上八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

井上 八郎(いのうえ はちろう、1816年11月5日文化13年9月16日) - 1897年明治30年)4月2日)は、江戸時代武士剣客幕府軍人。名は清虎(きよとら)、号は延陵(えんりょう)。

経歴[編集]

延岡藩藩士井上主膳の子として日向国東臼杵郡延岡に生まれる。

1828年文政11年)、江戸へ出て千葉周作北辰一刀流)の道場・玄武館に入門。

1851年嘉永4年)、飛騨郡代・小野高福に招聘され飛騨高山(現 岐阜県高山市)に赴く。同地で高福の子の小野鉄太郎(後の山岡鉄舟)剣術を教える。

幕末期に幕臣となり、講武所剣術師範役並、遊撃隊頭取、歩兵奉行を歴任。

明治維新静岡へ転じ、浜松城代、中泉奉行等を務める。

1878年明治11年)、第二十八国立銀行頭取に就任。

1880年(明治13年)、東京へ戻る。

1883年(明治16年)、千葉栄次郎の長男之胤が東京神田に玄武館を再興。山岡鉄舟とともに之胤を後見する。

参考文献[編集]