井上幸信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 幸信
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県尾道市
生年月日 (1950-09-25) 1950年9月25日(68歳)
身長
体重
183 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト3位
初出場 1969年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井上 幸信(いのうえ ゆきのぶ、1950年9月25日 - )は、広島県[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

尾道商業高校では、エース・ピッチャーとして1968年春の選抜に出場。2回戦で山口高志投手を擁する市神港を降すなど、4試合を勝ち進み決勝に進出。決勝では大宮工の吉沢敏雄(慶大東京ガス)と投げ合うが2-3で惜敗、準優勝にとどまった。同年夏は県予選準決勝で広陵と対戦するが、宇根洋介(近大電電中国)との投手戦の末0-1で完封負け、甲子園出場を逸する。

1968年のドラフト会議大洋ホエールズから3位指名を受け、入団[1]。1年目の1969年に、いわゆる当て馬として1試合に先発出場するが、一軍で投手としての登板は無かった。1970年オフに自由契約となり、中日ドラゴンズに移籍。1971年に現役を引退[1]した。

183cmの長身を生かしたサイドスローで、制球の良い低めへの速球が武器。シュートでカウントを稼ぎ、外角へのカーブやスライダーで揺さぶる投球をした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 大洋 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号[編集]

  • 38 (1969年 - 1970年)
  • 13 (1971年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、61ページ