井上庄七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

井上庄七(いのうえ しょうしち、1924年 - 1987年3月)は、日本の哲学研究者。

来歴[編集]

大阪府生まれ。京都帝国大学文学部哲学科卒。神戸大学文理学部助教授、文学部教授。在職中に死去。

著書[編集]

  • 井上庄七遺文集 井上庄七遺文集刊行委員会 1988年8月
  • 近世哲学史論集 野田又夫編 朝日出版社 1989年10月

共編著[編集]

  • 現代の哲学者 清水正徳共編著 福村出版 1974年
  • デカルト方法序説入門 森田良紀共編 1979年1月 (有斐閣新書)
  • 自然観の展開と形而上学 西洋古代より現代まで 小林道夫共編 紀伊国屋書店 1988年4月

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 井上庄七教授略歴ならびに主要著書・論文目録 (追悼井上庄七教授) (井上庄七教授追悼号)「愛知 φιλοσοφια」(神戸大学哲学懇話会) 4, 1987