井上普方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 普方(いのうえ ひろのり、1925年1月14日 - 2015年4月10日)は日本の医師、政治家。元日本社会党衆議院議員(9期)。徳島大学医学部卒業。母は、後藤田正晴の姉。

来歴[編集]

人物[編集]

叔父の後藤田正晴は9つ違いで、早くに両親をなくし少年期を井上家で過ごしていたため、年の離れた兄弟のような間柄であった。後藤田は自民党から出馬し1度目の参議院選挙で落選したため(阿波戦争)、同じ徳島県全県区で衆議院選挙を争うこととなった。自社さ連立政権誕生前には後藤田と村山富市を面会させている[4]

政策[編集]

選択的夫婦別姓制度導入に賛同[5]

新東京国際空港(現・成田国際空港)の一坪共有地の名義人の1人であった[6]

賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 井上普方氏(元社会党衆院議員・国対の実力者) 徳島新聞 2015年4月18日閲覧
  2. ^ “元社会党衆院議員の井上普方氏死去”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年4月20日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015042000697 2015年5月10日閲覧。 
  3. ^ 2015年5月13日官報
  4. ^ 『私の後藤田正晴』編纂委員会, ed (2007). 私の後藤田正晴. 講談社. pp. 300-307. 
  5. ^ 第123回国会 - 衆議院 - 法務委員会 - 15号 平成04年06月19日
  6. ^ 第065回国会 予算委員会 第7号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館. 2019年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

議会
先代:
山口鶴男
日本の旗 衆議院商工委員長
1993年
次代:
中井洽