井上智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 智(いのうえ さとる、1938年[1] - )は、佐賀県出身[1]漫画家である。

略歴[編集]

高校生のとき、松本零士高井研一郎大野豊らと同人グループ「九州漫画研究会」を結成し、同人誌「九州漫画展」を作成。虫プロに入社し、漫画部所属。1957年(昭和32年)、『原爆の悲劇』でデビュー。その後独立し、1964年に平田昭吾らと「智プロ」を設立。漫画「魔神バンダー」などの原作を手がける。1965年、手塚治虫の要請で漫画「マグマ大使」の一部を智プロで制作。1968年には、手塚の誘いで智プロスタッフ全員で、手塚プロダクションに入社した[2]

漫画だけでなく絵本の作画も手がける。

作品リスト[編集]

  • 原爆の悲劇 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ80、1957年)
  • 暴力の波止場(中村書店、ナカムラマンガシリーズ92、1957年)
  • 吸血蜘蛛 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ103、1957年)
  • 土俵の友情 (『痛快ブック』増刊号、1957年1月15日)
  • 東京秘密結社 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ129、1958年)
  • 悪魔の落し子 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ157、1958年)
  • 秘密結社の法律 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ178、1958年)
  • 死刑男、『黒と赤1』(中村書店、ナカムラマンガシリーズ、1959年)所収 - 共著河本おさむ・大野ゆたか
  • 黄金バット
    • 新 黄金バット2 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ231、1959年)
    • 新 黄金バット3 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ232、1959年)
  • 赤い屍体、『銃口1』 (中村書店、ナカムラマンガシリーズ、1959年)所収 - 共著野田信一・山口秀雄
  • アパッチ牧場 (冒険王 1961年)
  • 魔神バンダー (冒険王)
  • 妖怪小僧 (別冊冒険王
  • マグマ大使少年画報週刊少年キング
  • ウルトラマン (TBSコミックス)
  • ウルトラセブンたのしい幼稚園 1967年)
  • おれの柔道 (原作:真樹日佐夫、まんが王 1967年10月号 - 1968年4月号、1968年お正月増刊号)
  • マグマ大使 サイクロップスの巻 (原作:手塚治虫 少年画報 1967年1月号 - 8月号付録)
  • ガメラ対宇宙怪獣バイラス(まんが王 1968年3月号付録)
  • マイティジャック小学一年生 1968年) - 成田マキホと共作
  • 豹マン (冒険王 1968年5月号 - 8月号)
  • 怪獣総進撃 (まんが王 1968年7月号付録) - 成田マキホと共作
  • 怪獣島の決戦 ゴジラの息子 (冒険王 1968年5月号)
  • ガンマー第3号 宇宙大作戦(まんが王 1969年1月号付録)- 成田マキホと共作
  • 怪奇大作戦 (小学一年生 1969年) - 成田マキホと共作
  • 空中都市008 (小学一年生 1969年)
  • 万創のとびだすえほん『超人バロム・1』(1972年) - 挿絵伊藤展安と共作

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4816917608, 49頁。
  2. ^ 平田昭吾、根本圭助、会津漫画研究会 『日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ手塚治虫と6人』 ブティック社、2005年11月、216頁。ISBN 978-4834755510。