井上正利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 正利(いのうえ まさとし、慶長11年(1606年) - 延宝3年11月8日1675年12月24日))は、江戸時代前期の譜代大名寺社奉行遠江横須賀藩第2代藩主、常陸笠間藩初代藩主。浜松藩井上家2代。

生涯[編集]

井上正就の長男。母は市川氏。従五位下・河内守を称する。正室は谷村藩主・鳥居成次の娘。子に正任(長男)、正信(五男)、正興(六男)、娘(植村家貞継室)、娘(青山幸実正室)、娘(森川重信正室)、娘(小出英利正室)ら。

横須賀藩時代は城の整備を行い。父の菩提寺を建立している。笠間では領内の検地を行い、藩政の安定に努めた。寺社奉行在職当時、老中(後の大老)だった酒井忠清とはそりが合わず、井上家の隣にある忠清の藩邸に何度か招かれたが、応じることがなかった。そのことから下手三味線とあだ名された。忠清の官職である「雅楽頭(うたのかみ)」にかけて、歌にあわない、という意味である。