井上正定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
井上正定
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦4年(1754年
死没 天明6年3月20日1786年4月18日
改名 鉄之進(幼名)、正定
戒名 守義房日詠善隆院
官位 従五位下河内守
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行
主君 徳川家治
遠江浜松藩
氏族 井上氏
父母 井上正経仙石政房娘町子
兄弟 正定、正方、正棠、暉姫ら
松平乗佑養女土岐定経松平正升
桜井氏
正甫
テンプレートを表示

井上 正定(いのうえ まささだ)は、江戸時代中期の大名遠江国浜松藩2代藩主。官位従五位下河内守。浜松藩井上家7代。

生涯[編集]

宝暦4年(1754年)、浜松藩初代藩主・井上正経の次男として誕生。明和3年(1766年)、父の死去により家督を継ぐ。明和6年(1769年)12月18日、従五位下・河内守に叙位・任官する。

安永3年(1774年)12月22日に奏者番に任じられる。天明元年(1781年)閏5月11日に寺社奉行を兼任する。天明6年(1786年)3月20日に死去、享年33。跡を長男の正甫が継いだ。

系譜[編集]