井上正建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 正建(いのうえ まさのり、安永5年9月14日1776年10月25日) - 文化14年8月6日1817年9月16日))は、常陸下妻藩の第7代藩主。第5代藩主・井上正棠の次男。官位は従五位下、左近将監。

兄・正広の死去により跡を継ぐ。文化13年(1816年)9月14日、養嗣子の正廬に家督を譲って隠居し、文化14年(1817年)8月6日に42歳で死去した。法号は義賢院映徳日進。墓所は東京都台東区谷中霊園