井上治代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 治代(いのうえ はるよ、1950年〈昭和25年〉11月[1] - )は日本の社会学者ノンフィクション作家。東洋大学ライフデザイン学部教授。認定NPO法人エンディングセンター理事長。専門分野は社会学(家族変動、死者祭祀(葬儀)、ジェンダー論)、死生学(いのちの教育、死の準備教育)。

略歴[編集]

東京都生まれ。二松學舍大学文学部国文科卒。東洋大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了。淑徳大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。

広告代理店編集プロダクション勤務の後、フリーランスになる。ノンフィクション作家として単行本・新聞・雑誌を媒体に執筆・評論活動を続けるとともに、大学で社会学やジェンダー論を教える。また、1990年(平成2年)に死と葬送に関する市民団体「21世紀の血縁と墓を考える会」を発足し、2000年(平成12年)に同会を発展解消してエンディングセンターを立ち上げ、代表に就任。東洋大学ライフデザイン学部教授も務める。[2]

主な著書[編集]

  • 『女の姓(なまえ)を返して』
  • 『現代お墓事情』
  • 『いま葬儀・お墓が変わる』
  • 『最期まで自分らしく』
  • 『墓をめぐる家族論』
  • 『新・遺言ノート』
  • 『墓と家族の変容』

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人物リファレンス事典(日外アソシエーツ)