井上知大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 知大(いのうえ ともひろ、1978年4月16日 - )は、兵庫県出身のサッカー審判員

2002年12月に1級審判の免許を取得する。2003年は、J2担当副審として、J2の副審を4試合担当した。2004年はJFLの試合を担当し、2005年は、Jリーグ担当副審として、J1の副審を7試合、J2の副審を10試合担当した。2006年は、再びJFLの試合を担当し、2007年から、J2担当主審となり、J2の試合で主審を担当することになる。2007年は、JFLの審判員からJ2担当主審に昇格したものが多く、新規として佐藤隆治、再び主審として復帰した北村央春と同じように、Jリーグで副審の経験があり主審を担当する者として勝又光司、唐紙学志、河合英治、野口達生がいた。唐紙学志、河合英治、野口達生が半年でJFLに降格する中、井上はJ2担当主審として残留し、翌年の2008年もJ2で主審を担当した。

2009年のシーズン途中に、J1担当主審となり、J1第32節ヴィッセル神戸VS横浜F・マリノスの試合がJ1初主審となった[1]2010年は、第31節湘南ベルマーレVS名古屋グランパスという名古屋がJ1初優勝を成し遂げた試合を担当した。

脚注[編集]