井上知治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 知治
いのうえ ともはる
Tomoharu inoue.jpg
井上知治
生年月日 1886年7月9日
出生地 鹿児島県揖宿郡頴娃町
没年月日 (1962-09-19) 1962年9月19日(76歳没)
出身校 東京帝国大学法学部政治学科
所属政党 立憲政友会
日本進歩党
民主党
同志クラブ
民主自由党
自由党
自由民主党
テンプレートを表示

井上 知治(いのうえ ともはる、1886年7月9日 - 1962年9月19日)は、日本政治家。元国務大臣

来歴[編集]

鹿児島県揖宿郡頴娃町(現南九州市)に生まれる。第七高等学校を経て、1917年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。鈴木商店社員、読売新聞記者を経て、1930年第17回衆議院議員総選挙立憲政友会公認で鹿児島県第1区から立候補し初当選[1]。以後通算当選7回。政友会では床次竹二郎派→中島知久平派に所属した。

戦後は日本進歩党民主党同志クラブ民主自由党自由党自由民主党と渡り歩き、1946年第22回衆議院議員総選挙では進歩党公認で[2]、翌1947年第23回衆議院議員総選挙では民主党公認で、1949年第24回衆議院議員総選挙では民自党公認で当選している。その間1947年に衆議院副議長に就任。翌1948年には第2次吉田内閣において国務大臣(賠償庁長官)として入閣した。1953年より参議院議員を1期務め政界を引退。

1962年9月19日、脳出血のため76歳にて没。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第17回衆議院議員選挙 - 鹿児島1区 - 株式会社VoiceJapanが運営する選挙政治の総合サイト・ザ・選挙内のページ。
  2. ^ 第22回衆議院議員選挙 - 鹿児島 - ザ・選挙内のページ。