井上綾香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 綾香 Football pictogram.svg
名前
愛称 イノ[1]
カタカナ イノウエ アヤカ
ラテン文字 INOUE Ayaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-01-15) 1995年1月15日(24歳)
出身地 栃木県さくら市
身長 162cm
体重 53kg
選手情報
在籍チーム マイナビベガルタ仙台レディース
ポジション MF / FW
背番号 8
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- ベガルタ仙台レディース 84 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月3日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

井上綾香(いのうえ あやか、1995年1月15日 - )は、栃木県さくら市出身[2]女子サッカー選手。マイナビベガルタ仙台レディース所属。

来歴[編集]

5歳からサッカーを始める[3]。河内SCジュベニール所属の2012年、サッカーマガジン雪印メグミルクカップ全国レディース大会で17得点を挙げ得点女王に輝く[4]。同年、U-17日本女子代表に選出され2012 FIFA U-17女子ワールドカップに出場。3試合に出場し、グループリーグ・メキシコ戦で2得点を挙げた。ワールドカップでの活躍により栃木県サッカー協会長賞を受賞した[5]

2013年、ベガルタ仙台レディースに加入[6]。他チームも見学したが、「練習場やチームの雰囲気が一番良かった」ことで仙台加入を決めた[2]。同年、U-19日本女子代表に選出されAFC U-19女子選手権2013に出場[7]、ミャンマー戦で1ゴールを挙げる[8]

2015年はリーグ戦でチーム内3位、キャリアハイとなる6得点を挙げる[9]浦和レッズレディース戦ではリーグ戦で2度の決勝ゴールを挙げたほか、皇后杯準々決勝ではPK戦で5人目のキッカーを務め、勝利を決めるシュートを成功させる[10]など相性の良さを見せた。2017年シーズンはケガが多く[2]、出場機会を大きく減らした。

2018年、なでしこチャレンジトレーニングキャンプメンバーに選出される[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2013 仙台L 25 なでしこ 13 1 7 2 2 1 22 4
2014 19 1 - 2 0 21 1
2015 17 なでしこ1部 22 6 - 4 1 26 7
2016 18 2 9 1 2 1 29 4
2017 4 0 7 1 3 0 14 1
2018 8 8 2 7 1 0 0 15 3
2019 5 1 5 1
通算 日本 1部 84 12 35 6 13 3 132 21
総通算 84 12 35 6 13 3 132 21

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2017』ぴあ、2017年、25頁。ISBN 978-4-8356-3249-0。
  2. ^ a b c 「飛躍の新世代」『河北スポーツマガジンStandard 宮城』Vol.2302018年3・4月号、河北アド・センター、 15頁。
  3. ^ 『メモリアルデータブック カントリーロード2013-14』ベガルタ仙台・市民後援会、2014年、89頁。ASIN B00HZ9KYI2
  4. ^ “「第25回サッカーマガジン雪印メグミルクカップ全国レディース大会」に協賛しました” (プレスリリース), 雪印メグミルク, (2012年5月10日), http://www.meg-snow.com/csr/sports-culture/event/article/20120508-88.html 2018年2月22日閲覧。 
  5. ^ 平成24年度事業報告 (PDF)”. 栃木県サッカー協会. 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ “井上綾香選手 成宮唯選手 レディース2013シーズン新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2012年12月13日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2012/12/post-377.html 2018年2月22日閲覧。 
  7. ^ “井上綾香選手 U-19日本女子代表 AFC U-19女子選手権 中国2013メンバー選出のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2013年9月24日), http://www.vegalta.co.jp/news/ladies_news/2013/09/post-1027.html 2018年2月22日閲覧。 
  8. ^ AFC 女子U-19選手権中国2013第1節”. 日本サッカー協会. 2018年2月22日閲覧。
  9. ^ 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2016』ぴあ、2016年、25頁。ISBN 978-4-8356-2904-9。
  10. ^ 『メモリアルデータブック カントリーロード2015-16』ベガルタ仙台・市民後援会、2016年、66-67頁。
  11. ^ “なでしこチャレンジトレーニングキャンプ(2/4~8@大阪) メンバー・スケジュール” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年1月26日), http://www.jfa.jp/national_team/news/00016074/ 2018年2月22日閲覧。 
  12. ^ “世界に羽ばたけ!リトルなでしこ!” (プレスリリース), さくら市, (2012年9月10日), http://www.city.tochigi-sakura.lg.jp/soshiki/2/201209inoue.html 2018年2月22日閲覧。 
  13. ^ “ラ・マンガU-23女子国際大会(2/26~3/2) U-23日本女子代表 メンバー・スケジュール” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年2月13日), http://www.jfa.jp/national_team/u23w_2015/LaManga_2015/news/00005057/ 2018年2月22日閲覧。 
  14. ^ “U-23日本女子代表 スペイン遠征(2/27~3/8) 【U-23ラ・マンガ国際大会】メンバー・スケジュール” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年2月23日), http://www.jfa.jp/national_team/u23w_2016/LaManga_2016/news/00008922/ 2018年2月22日閲覧。