井上美代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上美代
いのうえ みよ
生年月日 (1936-06-13) 1936年6月13日(82歳)
出生地 佐賀県
出身校 中央大学
前職 外務省官僚
現職 新日本婦人の会代表委員
九条の会世話人代表
党中央委員
所属政党 日本共産党
称号 日本共産党永年党員

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
在任期間 1998年7月26日 - 2004年7月25日
テンプレートを表示

井上 美代(いのうえ みよ、女性、1936年6月13日 - )とは、日本政治家、女性運動家、元外交官日本共産党所属の元参議院議員中央大学法学部政治学科卒業。党中央委員会憲法改悪反対闘争本部員。新日本婦人の会元会長で現在の代表委員の一人。女性「九条の会」世話人代表。

略歴[編集]

政治的主張[編集]

  • 2003年静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[1]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成する[2]。「反対理由として「家族を崩壊させる。子どもが非行に走る」などという人もいるが、夫婦別姓とは何の関係もないこと。」と反対論者を批判している[3]

著書[編集]

  • 『ピカピカトイレは子どものいのち―新婦人「学校ウオッチング」でトイレ、クーラー、耐震化実現を』(2003年12月、本の泉社)ISBN 4-88023-832-5
  • 『21世紀いのち輝け―草の根国会レポート』(2002年7月、本の泉社)ISBN 4-88023-397-8
  • 『太陽のように―輝く明日へエンパワーメント』(1998年1月、本の泉社)ISBN 4-88023-163-0

脚注[編集]

  1. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  2. ^ しんぶん赤旗 2004年5月16日
  3. ^ mネット、2004年2月 国会議員への民法改正に関するアンケート

関連項目[編集]