井上茂兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

井上 茂兵衛(いのうえ もへえ、生没年不詳)は、明治時代中後期から大正時代にかけての東京地本問屋

来歴[編集]

伊勢屋、伊勢茂と号す。明治10年(1877年)には大伝馬町1丁目14[1]、明治23年(1890年)には馬喰町3丁目で営業していた。明治28年(1895年)から明治33年(1900年)まで東京地本彫画営業組合の組合長を務めている。主に3代目歌川広重山崎年信楊洲周延月岡芳年歌川芳照歌川国利井上探景らの錦絵などの作品を出版している。

作品[編集]

  • 3代目歌川広重 『上野鉄道開業式』
  • 山崎年信 『西郷隆盛首実験之図』 大判3枚続 明治10年 萩博物館所蔵
  • 楊洲周延 『西国鎮静諸将天盃賜ル図』
  • 月岡芳年 『見立多以尽』 大判20枚揃 錦絵 明治10年‐明治11年
  • 月岡芳年『東京自慢十二ケ月』
  • 歌川国利 『開化名勝図之内』 大判 錦絵揃物 明治11年‐明治12年
  • 歌川国利 『開化名勝図之内 横浜本町時計台』
  • 井上探景 『雪月花之内』 大判3枚続3組揃 錦絵 明治18年
  • 歌川芳照 『第三回内国勧業博覧会之図』 大判3枚続 錦絵 明治23年

脚注[編集]

  1. ^ 『原色浮世絵大百科事典』第3巻、『資料による近代浮世絵事情』は大伝馬町2丁目14番地、後に馬喰町3丁目19番地とする。

参考文献[編集]